「RTA」タグアーカイブ

asMODus Anani MTL RTA

お久しぶりです

随分と放置していたこのブログですが、久々に更新していこうかと思います。

あまりに放置し過ぎてたのでブログってどうやって書くんだったっけ?ってくらい忘れましたww

まぁ今年は色々と落ち着いてくる予定なので、ブログを再始動させて行きたいなと思っていた矢先にレビューの依頼をいただいたのでおっかなびっくりやらせてもらう事になりました。

って事で今後もゆるっと更新するつもりなので、気が向いたら覗きに来てやって下さい。よろしくです。

asMODus Anani MTL RTA

今回レビューするのはasMODus Anani MTL RTAになります。

何気にasMODus製品って初めてなんですよね。RDAも触った事があるって程度で、所有したことはないんですよ。

こちらは京都裏寺町のVAPE WORXさんからご提供いただきました。ありがとうございます。

  • パッケージ
タイヤみたいな見た目のパッケージ
RTA本体/説明書/付属品
予備Oリング/予備ネジ/ドライバー/プリメイドコイル

このプリメイドコイル、塩ニコ向けのコイルだそうです。塩ニコにはNi80が相性いいんですかね?とはいえ1.15ohmと高めの抵抗値でしかも単線コイル。Oni Coilsからはクラプトンコイルも販売されているはずなのですがあえて単線なのかな?

  • デッキ

デッキはベースから少し浮いているラピュタデッキ。エアホールは9個の小さな穴がコイルを全体的に狙うようになっていて、ミストがスムーズに上がりやすいように設計されているように見えます。また、ジュースがエアホールへ流れにくいように高い設計になっているのでジュルッとなりにくそうです。

写真では分かりにくいかもしれませんが、コイルの足がビルドの時に逃げにくいように返しが設けられています。なので単線でビルドをするのもとても簡単です。

ただコイルをコイラで巻く人は巻く時の向きに注意して下さい。コイラで巻く時は奥から手前にむかって巻く必要があるのでそのまま巻くと足の向きが逆になる事があります。

  • キャップ/チムニー/タンク/DT

チムニー一体のタンク。画像でもわかると思うんですが、チムニーからDTまでの動線が極端に細く作られています。これ見て付属のプリメイドコイルが単線コイルなのが納得です。

デッキにはクラプトンコイルも組めるキャパがありますが、高めの温度になったミストがほっそいチムニーを通って唇があっつ!ってなるのが目に見えますww

ちなみにこのRTA、エアフローコントロールがありません。というより出口がこれだけ絞り込まれているのでコントロールしようがないから固定なんでしょうね。ただAFCが無いってことはドローが合わない人にはどうしようも無いっていう振り切った製品だってことです。

ジュースのチャージはトップフィル。ドロッパーボトルからのチャージはやりにくいです。ユニコーンからのチャージがおすすめです。

  • build

とりあえず28gのカンタル単線で1.5ohmに組んでみました。12w4.2v前後でパフっていってみます。

ドローは結構重いですね。ほっぺたつりそうなほどでは無いけども、ギリギリDLできないくらい。(伝われ

1.0mmのアタッチメントつけたDvawくらいでバーサーカーより重いくらい。(伝われ(2回目

ジュースコントロースはありませんが、漏れそうな感じはありませんね。ただMODから外すときにしっかり根元を持つようにしないとキャップだけ回してしまってデッキが居残りキメてジュースがダバーっとなるのでそこは注意。(涙目

  • フィッティング

STRIDE VR-80 に載せてみました。

24mmアトマなので少しゴツ目のMODの方が似合います。

形状も独特なので似合うMODは限られてくるかもしれません。

あとできればテクニカルMODでVWもしくは温度管理で好みの温度と出力に合わせながら使うのを強くお勧めします。

写真撮り忘れてたんですがポジピンは固定です。調整や取り外しはできません。

ハイブリッドメカMODでも使用も可能ではありますが、製品の方向性と合わないと思います。あくまでもMTLにコミットする製品としているのとミストが熱くて唇あっつ!ってなります。

>見た目より素直ないいこ

独特な形状の見た目と24mmのごつさとは裏腹に、ミストの方はすごく素直な表現で美味しい。しかもちょうどいい重さのドローで吸い疲れしにくいくらいで個人的に好み。

あの蜂の巣状のエアホールもすごくいい仕事してる。コイルにあたるエアーがミストをうまく運んでくれてる感じがします。

ただビルドに幅はあまり無いかな。

クラプトンとか組めるけど構成も限られてるしミスト温度が上がりやすいチムニー形状なので気をつけないと唇火傷する羽目になりそうです。

しかし単線で簡単に組んで美味しいってのは絶対的正義だと思うし、特殊な条件下で特別美味しいアトマイザーより雑に組んで簡単に美味しいほうが良いアトマイザーだと思う。

少し個性的な見た目とか固定のAFCとか、DTも変更しにくいとかクセはあるんやけどそれでも良い子やと思う。価格的にもお手頃感あるしこの価格でハイエンドと張るだけの味やしアリ。

購入はVAPE WORXでどうぞ

Coil Art MAGE GTA

うちにもある日突然送られてきました。

謎の荷物届くの怖いですww

記憶にないもの届くと人間てとりあえず振ってみると思います。はい。私も例外なくとりあえずシャカシャカしました。

爆弾みたいなアトマイザー。

img_3914 img_3915

vapeバンドが溜まってきましたww

img_3916 img_3917 img_3920

金ピカデッキの24mmアトマイザー。

シングルコイル運用想定のボトムエアフロー。

デッキが少しボトムから浮いてて特徴的かつ個性的。

デッキ下からの供給方式などが流行のRDTA方式

小さめのコイルでタイトドローで楽しみたい人には不向き。

img_3922とりあえず26Gで8wrap。

マイクロコイルを作りましたがデッキが大きすぎて足の形成とコイルの置き場がうまく決まらなかったので、等間隔に伸ばしてみました。

コイル固定はSEPENTminiのそれと同じ。違いは六角かプラスドライバーかの違い。この大きさで組むデッキならネジじゃなくても良かったんじゃないかとすごく惜しい気がします。
img_3925

コットン入れてガイドに沿わせます。

この時にリキッドで湿らせてからガイドに沿わせたほうがやりやすいです。

あとコットン量はデッキ下ギリギリでカットしたほうが供給はスムーズです。写真のコットン量だと長いです。
img_3928

このビルドだとスピットバック酷くて全然美味しくありませんでしたww

単線でも大きなコイルで大きな内径でビルドしたほうがよさそうです。

デッキ下へのリキッド供給についてですがデッキ下の空気がなかなか抜けずイガリそうな気がしますが、コットンでリキッド引っ張ってくれるので供給不足にはなりにくいです。

コットンがっつり入れるとコイルまでリキッドが上がりきれないのかイガルようになります。

エアフローコントロールはかなりしっかり精度良く出来ていて、ドローを好みに合わせやすくなっています。AFCリングが固いってのもよく見ますが、最初だけです。それなりに回るようになります。

あと写真では触れていませんが、エアホールは3方向に開いていて爆煙仕様でも3方向からのエアーが綺麗に流入してくれるのでアトマイザー自体の熱持ちは少ないです。

ドリップチップ一体型のトップキャップなのですがここは賛否両論あると思います。私はこのフォルムとデルリンDT好きな人なので全く問題ありませんが好みのDTで使いたい人には不向き。

リキッド満タンにして丸々3日転がしておいたりしましたが漏れは全くないので、漏れ耐性は高そうです。

 

img_3951 img_3953

結局はこんな感じでArtCoil入れてビルドして満足いく味になりましたが、固定はやはり改善の余地あるなと思います。

このワイヤーでも固定する時にストレスは感じました。クランプ方式の方がもっと使いやすかったのに。

デッキをわずかに小さくしてデッキ下へのリキッド供給も考え直して欲しいところ。供給するけどハラハラするww

 

問題点もいろいろありますが、煙量も味の出方もサペミニが好きな人なら間違いないです。私はこれかなり好きです。

24mmアトマイザーでシングルコイルタンクを検討している人がいたら候補に入れてみてください。

 


にほんブログ村

Sigelei Moonshot RDTA

先日SmokingGarageにお邪魔した時に
オーナーから「これ持ってたっけ?」と渡されたのが
このMoonshot RDTA。
レビューしてみるー?ってめっちゃ気軽に
言っていただけたのでそこはもちろんYes!Yes!Yes!

 

 

皆様ご存知大人気アニメ Oneぴ・・・・wwwww
なぜそこパクったんだろうwwww

 

本体/スペアタンク/スペアパッキン/ネジ・レンチ

 

 

ボトムフローのでかさが半端じゃないですね。
こいつはうまうまな予感。
ただしビルドする上でかなりネックになる構造があります。

 

ジュースチャンバーを回して外してデッキを見ようとしたら
デッキがぽろっと取れますwwww
このデッキボトムにささってるだけなんですねww

 

ボトムとデッキを固定するには
ジュースホールのあるチャンバーを取り付けないと
デッキが固定できないってこと。

 

全部ばらせるのは衛生上かなりありがたいんですけどねww
ビルドはかなり面倒くさそうww

 

ボトムにぶっ挿しただけの状態でくるくるデッキが回るから
なかなか思うようには捗らなかったけど・・・・
とりあえずビルドはできそう。
で、焼き入れする為だけにわざわざチャンバーつける。

 

不満は残るけど何とかビルドできました。
ワイヤーはコイルアートの魔術師 池田さんから頂いた
fusedクラプトンコイルで。0.7オームあたりの抵抗値。
オーナーこれで勘弁や・・・www

 

コットンの詰め方にちょいとコツが要りそうです。
デッキより少し長めに切っておいてチャンバーをかぶせます。
そこからはみ出たコットンをハサミで切り落として
チャンバーをしっかりはめ込む。
それでもわずかにはみ出るようならデッキに押し込むんだけど
その時に安全ピンみたいなものでゆっくりしっかりデッキの中に
コットンを詰めて行ってやると綺麗にできました。

 

リキッドはVapeFuel 雫 レモンケーキ
容量は2ml。
もっと入りそうな雰囲気なんですけどねぇ。
タンクギリギリまでリキッド入れるとトップキャップ
閉める時の内圧でエアフローから盛大にお漏らししましたww
何事もほどほどが肝心ですなww

 

VTCで30wでぷはぁー。

 

これメッチャもくもくなんですけど。
コイルの恩恵が大半なんですけど。
わかってるけど、クッソうんまい。
馬鹿でかいボトムフローから真上に向かって直線的に
フレーバーが口内にぶち込まれます。
フレーバーの乗り方はKENNEDYのそれと同じ感覚。

 

これはうんまいわ。

 

オーナーがドリチ部分は「捥いでしまえ」としきりにいうので
つい出来心で(嘘)早々ともぎ取ってしまいました。

 

あれ・・・?
これ、このビジュアルSerpent mini・・・

 

はい。まるで双子wwww
シングルコイルの serpent mini  デュアルコイルのmonnshot
この2台はかなりお気に入りになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

SmokingGarege