「RTA」タグアーカイブ

Bishop MTL RTA Ambition Mods

レビュー用に2個目買って、撮影出来ないままになっていました。
やっとこさっとこレビュー記事書いてる次第です。

RTAに求める事って皆さんはどんな事がありますか?
僕はとりあえず漏れない事を重要視しています。
その次に美味いかどうか。
あとは見た目と値段。

リキッド満タンに入れてポケットにVAPE突っ込んで出掛けて、ポケットの中で漏れてるのって最悪でしょ?
だからまず漏れない構造になってる事が何より重要としています。

とは言え漏れなくて美味いRTAなんていくらでも販売されているじゃないですか。
だから後は、見た目と価格で選んでます。

そんな僕が久し振りにビビッときたRTAがBshopRTAです。

Ambition Mods Bishop MTL RTA
高さ50mm 幅22mm 重さ38g 容量4ml

Ambition Modsのコラボ製品。HERA ModやEasySideBoxなど、これまでも素晴らしいプロダクトを輩出しています。

個人的にここのプロダクトはとにかくかっこいい。

中身はシンプル。
付属品のエアーフローピンが独特なところかな。

ちなみに、このエアーフローピンを他のタンクのボトムエアーフローのところに嵌め込んで使ってる人も見かけました。
僕も今度色々試してみよう。

RTA本体。5パーツ構造。デッキ裏にシリアルがあります。

ドリップチップ、チムニートップキャップ、エアフローチャンバー、タンクスリーブガラス、デッキ。

タンク部分のガラスについてはスモーキーなものがプリセットされていて、予備はクリアなガラスになっています。

わかります?左がクリアガラスです。

タンク部分とチャンバー部分はスレッド固定です。

ドリップチップはややテーパーがかかっています。

チャンバーとデッキ。

コイルにサイドからエアーがドスンと当たる構造。

リキッドはチャンバーに開いた穴から滴下されウィックにチャージされていきます。

デッキとチャンバーはシリコンゴムで固定されていて、嵌め込むだけでのセットアップです。

エアフローピンですが、プリセットは1.2mm 。

1mm 、0.8mm が付属しておりブラインドピンもあるので片側のみに絞る事ができます。ピンの比較は画像で確認してみてください。

ファーストインプレッションでも書きましたが、このデッキに惚れたんですよ。めっちゃ簡単にメッシュウィック運用できる。
もちろんコットンでいいんですけど。
僕はメッシュウィックで運用してます。
そのために買ったし。

ビルドとしては2.5mm軸でコイルビルドします。
1.5mm x 60mm のメッシュでウィックを作ってセット。
メッシュの下に適度にコットンを敷き込む。

メッシュの下のコットン座布団なしだと、こんな感じでデッキがすごくウェットになります。
だからコットンは入れたほうがいいと思います。

以前も書きましたが、コイルの巻きつけの向きには注意です。

足が固定できないので。

フィッティング。EasySideBoxで。

そうそう。2mlのショートタンクのオプション。
これ見た目も結構変わるし気に入ってます。
高さもかなり変わります。

コンパクトなMODにもバッチリ似合います。

ボトムフローとサイドフローで同じリキッドでも表情が違って感じると思うんです。だから味の出方には好みがあると思います。
なので万人受けするかと言われると、そんな事ないと思う。

ただ、MTL系の美味いRTAであることは間違いないです。
ガラスチューブなのでリキッドも選ばないし。
コットンビルドで楽に運用できるし、メッシュビルドの運用も簡単にできる。写真ではクラプトン使ってますが、単線メッシュビルドもやってみましたが普通に旨い。

価格的にも高価ではないので、買いやすい。
デッキへのアクセスも引っこ抜くだけの楽チンアクセス。
日々のコットン交換もストレスフリー。

僕は買ってよかったRTAです。
よかったら試してみてください。

ほなまた。

買ったところ:VAPE WORX

bp mods pioneer RTA

今年はブログ更新頑張ろうと思っているんですが仕事忙しかったり、モンハンのイベント来たりで大忙しです。(´・ω・`)ノ

相変わらずマイペースにVAPEを楽しんでいる毎日ではありますが、もはや僕にとってのVAPEは日常となっているので、取り立ててどうと言うものでもなくなって来ています。

しかしブログの記事にできることは毎日のようにあるわけですが。

つまらない事でもこれからは頻繁に更新できればと思って入る次第でありますww

今日は素直に購入品のレビュー。
購入したのはVAPE WORXさん
買って次の日に爆速で届いてビビりましたww

BP mods Pioneer RTA

まず見た目に惚れました。見た目大事。VAPEは見た目が10割。

最近サンボルを買ったんですが見た目似てるよね。
PRECISIOにも雰囲気似てるし。
PRECISIOといえばPANDRAも買ってた。まだ使ってない。
写真も撮ってないww 撮影して使ったらまたレビューします。

Brand :BP mods (BPモッズ)
Item :Pioneer RTA (パイオニアRTA)
Diameter :22 mm
Height :34 mm
Tank Capacity :3.7 ml
Drip tip :510
Includes :
1 x Pioneer RTA
2 x Supplementary Drip tips
2 x Supplementary Tank
2 x Airflow 510 pins (1.2/1.5)
1 x Spare parts

タンクとドリチとエアフローピンが普通オプションで別売されそうな物なのに同梱されてる!ここはマジでポイント高いと思う。

あと基本22mmアトマ好き。24mmって載せるmod選ぶから。

あとこのカード可愛くないですか。
ひげおじさん。ヒゲおじ。可愛い。
ハイブリッドメカとか200wハイパワーなんかでは使用推奨してませんよーと注意喚起が記載されてます。

5ピース構成。ドリチ、トップキャップ、タンク、チムニー、デッキ。

ドリチ。ここもカラバリ変えれる。
スレッドが切られていてスムーズに交換可能でした。

タンク部。ここもスレッドが綺麗に切られていて簡単に変更可能。

エアフロー。左が横長スレッド全開、右がブツブツスタッカート。

トップキャップ。ここにもヒゲおじ。可愛い。
ヒゲおじがデザインしたのね。

チムニー部分のトップキャップと合体するところ。
リキッドチャージはこちらから。穴がデカくてドロッパー瓶のスポイドでもスムーズにチャージできる。
ここにはシリアルとbp modsのロゴが。

デッキ。ハダリータイプではなく、コイルの両足揃える系。
ウィックホールがめっちゃデカい。

コイル足をチムニーに干渉させてショートしたりしにくいように切断しやすく設計されています。

あとポールと反対側は壁のようになっていてピンから流入して来たエアーをコイルに綺麗に当てる役割なのかなと。
ウィックも安定するしこれもいい設計だと思う。

デッキ裏側。ポジピンはあまり突出していないのでハイブリッドメカでの使用はやめた方がいい。
インシュレーターでネガとショートしないようにされています。

このポジピンを交換してデッキ中央のボトムエアーの絞りを変更できると言うのが売り。
DvawRTAでもこのボトムエアーの絞りによってドローを変更する方式は採用されていましたが、ビルドされたコイルをバラしてからじゃないと変更できませんでした。

このPioneerRTAではその不満は解消され、いつでも気軽に変更できるような構造となっています。

プリセットされているのは1.0のピンらしい。刻印はなかった。
付属のピンには1.2と1.5の刻印が。

これがこのタンクの素晴らしいところ。
この構造によってピンの絞りをいつでも簡単に変更可能に。
そしてエアフローコントロールとの組み合わせによってほぼどんな人の好みにも合わせてくれるだろうと思える。

付属コイル。多分40gアウターくらいのMTL向けのクラプトン。
取り敢えずこいつを使ってビルドしてみた。

ビルドに関してはすごく楽です。
コイルの足の切断もシビアでないしカットし易かった。

ただしコイルの設置高さに関してはポールの高さより上げないようにした方がいいです。チムニーに干渉してショートします。

コットンのボリュームとカット長さです。

ジュースウェルがかなりデカいのとTwitterでじわっと漏れるって聞いてたので多くしてます。
実際これでも全くイガリはありません。

通常デッキ幅くらいにコットンはカットしますが、このタンクではこのくらいにカットする方がいいかもしれません。

セットアップです。
上背のあるタンクなのでステルスMODとは相性抜群。
最高にかっこいい。

そこまで高くないMODとアトマイザーなのに凄い高級感ある。

味の方ですが。
写真のようにナローなクラプトンの場合は気持ちワットをかけて炊いた温かめのミストが旨い。
付属のコイルかなりいいと思います。


ドローの方は1.0プリセットのピンではゲキ重いです。
めっちゃチューチュー吸う感じ。マックシェイク。
ただこの重い感じだと普通あまり美味しくないのが多い。
でもこのタンクはめっちゃ旨い。
リキッド飲んでるくらい濃い。

ほんで意外とコットンぶち込んだからか漏れない。
あの量でイガリもない。優秀。

タバコライクに使いたい人向けとして。

Nichrome29g1.4ohm 単線で組んで350modで。
ピンは1.2に変更してブツブツ穴1つのエアフローに。
かなりタバコライクです。
最近お気に入り過ぎて2個買ったAntiquityのようなドロー。

これでDark Menthol吸ってます。
最近ダクメンとアッポバッコばっかり吸ってるww
他のリキッドが睨んでますわww

とまぁ伝わったのかどうかわからんレビューですが。
価格的にそこまで高い価格帯ではないのにハイエンドライクは味わいと見た目がとても素晴らしいRTAです。

そしてポジピンのボトムエアーの絞りをいつでも気軽に変更できてドローを好みに限りなくアジャストしてくれる機構は最高です。

こりゃ売れるわwwww

購入したSHOP : VAPE WORX

asMODus Anani MTL RTA

お久しぶりです

随分と放置していたこのブログですが、久々に更新していこうかと思います。

あまりに放置し過ぎてたのでブログってどうやって書くんだったっけ?ってくらい忘れましたww

まぁ今年は色々と落ち着いてくる予定なので、ブログを再始動させて行きたいなと思っていた矢先にレビューの依頼をいただいたのでおっかなびっくりやらせてもらう事になりました。

って事で今後もゆるっと更新するつもりなので、気が向いたら覗きに来てやって下さい。よろしくです。

asMODus Anani MTL RTA

今回レビューするのはasMODus Anani MTL RTAになります。

何気にasMODus製品って初めてなんですよね。RDAも触った事があるって程度で、所有したことはないんですよ。

こちらは京都裏寺町のVAPE WORXさんからご提供いただきました。ありがとうございます。

  • パッケージ
タイヤみたいな見た目のパッケージ
RTA本体/説明書/付属品
予備Oリング/予備ネジ/ドライバー/プリメイドコイル

このプリメイドコイル、塩ニコ向けのコイルだそうです。塩ニコにはNi80が相性いいんですかね?とはいえ1.15ohmと高めの抵抗値でしかも単線コイル。Oni Coilsからはクラプトンコイルも販売されているはずなのですがあえて単線なのかな?

  • デッキ

デッキはベースから少し浮いているラピュタデッキ。エアホールは9個の小さな穴がコイルを全体的に狙うようになっていて、ミストがスムーズに上がりやすいように設計されているように見えます。また、ジュースがエアホールへ流れにくいように高い設計になっているのでジュルッとなりにくそうです。

写真では分かりにくいかもしれませんが、コイルの足がビルドの時に逃げにくいように返しが設けられています。なので単線でビルドをするのもとても簡単です。

ただコイルをコイラで巻く人は巻く時の向きに注意して下さい。コイラで巻く時は奥から手前にむかって巻く必要があるのでそのまま巻くと足の向きが逆になる事があります。

  • キャップ/チムニー/タンク/DT

チムニー一体のタンク。画像でもわかると思うんですが、チムニーからDTまでの動線が極端に細く作られています。これ見て付属のプリメイドコイルが単線コイルなのが納得です。

デッキにはクラプトンコイルも組めるキャパがありますが、高めの温度になったミストがほっそいチムニーを通って唇があっつ!ってなるのが目に見えますww

ちなみにこのRTA、エアフローコントロールがありません。というより出口がこれだけ絞り込まれているのでコントロールしようがないから固定なんでしょうね。ただAFCが無いってことはドローが合わない人にはどうしようも無いっていう振り切った製品だってことです。

ジュースのチャージはトップフィル。ドロッパーボトルからのチャージはやりにくいです。ユニコーンからのチャージがおすすめです。

  • build

とりあえず28gのカンタル単線で1.5ohmに組んでみました。12w4.2v前後でパフっていってみます。

ドローは結構重いですね。ほっぺたつりそうなほどでは無いけども、ギリギリDLできないくらい。(伝われ

1.0mmのアタッチメントつけたDvawくらいでバーサーカーより重いくらい。(伝われ(2回目

ジュースコントロースはありませんが、漏れそうな感じはありませんね。ただMODから外すときにしっかり根元を持つようにしないとキャップだけ回してしまってデッキが居残りキメてジュースがダバーっとなるのでそこは注意。(涙目

  • フィッティング

STRIDE VR-80 に載せてみました。

24mmアトマなので少しゴツ目のMODの方が似合います。

形状も独特なので似合うMODは限られてくるかもしれません。

あとできればテクニカルMODでVWもしくは温度管理で好みの温度と出力に合わせながら使うのを強くお勧めします。

写真撮り忘れてたんですがポジピンは固定です。調整や取り外しはできません。

ハイブリッドメカMODでも使用も可能ではありますが、製品の方向性と合わないと思います。あくまでもMTLにコミットする製品としているのとミストが熱くて唇あっつ!ってなります。

>見た目より素直ないいこ

独特な形状の見た目と24mmのごつさとは裏腹に、ミストの方はすごく素直な表現で美味しい。しかもちょうどいい重さのドローで吸い疲れしにくいくらいで個人的に好み。

あの蜂の巣状のエアホールもすごくいい仕事してる。コイルにあたるエアーがミストをうまく運んでくれてる感じがします。

ただビルドに幅はあまり無いかな。

クラプトンとか組めるけど構成も限られてるしミスト温度が上がりやすいチムニー形状なので気をつけないと唇火傷する羽目になりそうです。

しかし単線で簡単に組んで美味しいってのは絶対的正義だと思うし、特殊な条件下で特別美味しいアトマイザーより雑に組んで簡単に美味しいほうが良いアトマイザーだと思う。

少し個性的な見た目とか固定のAFCとか、DTも変更しにくいとかクセはあるんやけどそれでも良い子やと思う。価格的にもお手頃感あるしこの価格でハイエンドと張るだけの味やしアリ。

購入はVAPE WORXでどうぞ