kei のすべての投稿

love vape シングルファーザー iQOSユーザー

asMODus Anani MTL RTA

お久しぶりです

随分と放置していたこのブログですが、久々に更新していこうかと思います。

あまりに放置し過ぎてたのでブログってどうやって書くんだったっけ?ってくらい忘れましたww

まぁ今年は色々と落ち着いてくる予定なので、ブログを再始動させて行きたいなと思っていた矢先にレビューの依頼をいただいたのでおっかなびっくりやらせてもらう事になりました。

って事で今後もゆるっと更新するつもりなので、気が向いたら覗きに来てやって下さい。よろしくです。

asMODus Anani MTL RTA

今回レビューするのはasMODus Anani MTL RTAになります。

何気にasMODus製品って初めてなんですよね。RDAも触った事があるって程度で、所有したことはないんですよ。

こちらは京都裏寺町のVAPE WORXさんからご提供いただきました。ありがとうございます。

  • パッケージ
タイヤみたいな見た目のパッケージ
RTA本体/説明書/付属品
予備Oリング/予備ネジ/ドライバー/プリメイドコイル

このプリメイドコイル、塩ニコ向けのコイルだそうです。塩ニコにはNi80が相性いいんですかね?とはいえ1.15ohmと高めの抵抗値でしかも単線コイル。Oni Coilsからはクラプトンコイルも販売されているはずなのですがあえて単線なのかな?

  • デッキ

デッキはベースから少し浮いているラピュタデッキ。エアホールは9個の小さな穴がコイルを全体的に狙うようになっていて、ミストがスムーズに上がりやすいように設計されているように見えます。また、ジュースがエアホールへ流れにくいように高い設計になっているのでジュルッとなりにくそうです。

写真では分かりにくいかもしれませんが、コイルの足がビルドの時に逃げにくいように返しが設けられています。なので単線でビルドをするのもとても簡単です。

ただコイルをコイラで巻く人は巻く時の向きに注意して下さい。コイラで巻く時は奥から手前にむかって巻く必要があるのでそのまま巻くと足の向きが逆になる事があります。

  • キャップ/チムニー/タンク/DT

チムニー一体のタンク。画像でもわかると思うんですが、チムニーからDTまでの動線が極端に細く作られています。これ見て付属のプリメイドコイルが単線コイルなのが納得です。

デッキにはクラプトンコイルも組めるキャパがありますが、高めの温度になったミストがほっそいチムニーを通って唇があっつ!ってなるのが目に見えますww

ちなみにこのRTA、エアフローコントロールがありません。というより出口がこれだけ絞り込まれているのでコントロールしようがないから固定なんでしょうね。ただAFCが無いってことはドローが合わない人にはどうしようも無いっていう振り切った製品だってことです。

ジュースのチャージはトップフィル。ドロッパーボトルからのチャージはやりにくいです。ユニコーンからのチャージがおすすめです。

  • build

とりあえず28gのカンタル単線で1.5ohmに組んでみました。12w4.2v前後でパフっていってみます。

ドローは結構重いですね。ほっぺたつりそうなほどでは無いけども、ギリギリDLできないくらい。(伝われ

1.0mmのアタッチメントつけたDvawくらいでバーサーカーより重いくらい。(伝われ(2回目

ジュースコントロースはありませんが、漏れそうな感じはありませんね。ただMODから外すときにしっかり根元を持つようにしないとキャップだけ回してしまってデッキが居残りキメてジュースがダバーっとなるのでそこは注意。(涙目

  • フィッティング

STRIDE VR-80 に載せてみました。

24mmアトマなので少しゴツ目のMODの方が似合います。

形状も独特なので似合うMODは限られてくるかもしれません。

あとできればテクニカルMODでVWもしくは温度管理で好みの温度と出力に合わせながら使うのを強くお勧めします。

写真撮り忘れてたんですがポジピンは固定です。調整や取り外しはできません。

ハイブリッドメカMODでも使用も可能ではありますが、製品の方向性と合わないと思います。あくまでもMTLにコミットする製品としているのとミストが熱くて唇あっつ!ってなります。

>見た目より素直ないいこ

独特な形状の見た目と24mmのごつさとは裏腹に、ミストの方はすごく素直な表現で美味しい。しかもちょうどいい重さのドローで吸い疲れしにくいくらいで個人的に好み。

あの蜂の巣状のエアホールもすごくいい仕事してる。コイルにあたるエアーがミストをうまく運んでくれてる感じがします。

ただビルドに幅はあまり無いかな。

クラプトンとか組めるけど構成も限られてるしミスト温度が上がりやすいチムニー形状なので気をつけないと唇火傷する羽目になりそうです。

しかし単線で簡単に組んで美味しいってのは絶対的正義だと思うし、特殊な条件下で特別美味しいアトマイザーより雑に組んで簡単に美味しいほうが良いアトマイザーだと思う。

少し個性的な見た目とか固定のAFCとか、DTも変更しにくいとかクセはあるんやけどそれでも良い子やと思う。価格的にもお手頃感あるしこの価格でハイエンドと張るだけの味やしアリ。

購入はVAPE WORXでどうぞ

Vaporesso SWAG Mod

とにかく寒い。

僕の家古い作りなんで建物自体が冷えるんで床がキンキンになるんですよね。

どーでもいいすね。

 

 

はいレビュー。

今日はMOD。

Vaporesso  SWAG Mod

提供:Ave40

 

■外箱

■内容物

■本体

・見た目はPICO

・PICOよりだいぶ軽い

・+−のボタンがサイドにありますが小さいのでやや押しにくい

・フロント上部はファイヤボタン

・下部ボタンはファンクションボタン

・ファンクションを儲ける事で複雑な操作が可能だがPICO慣れしている人にはかなり煩雑

・PC接続不要でかなり細かい設定が出来るため、汎用性と好みへのアジャストがフィットしやすい。

・まあPICO

・ベントホール

・ほぼPICO

・バッテリーはプラスが下・・・PICO

 

■画面表示

・操作方法などは非常にややこしいので、下記にまとめて書きました。表示画面の写真をダラダラ羅列しておきますのがどうでもいい人はすっ飛ばしてくだいww


 

画面写真多いですねww

それぞれの画面一生懸命撮ったから載せとかなきゃってだけなんですけども・・・

とにかく操作がややこしいので書き連ねてみます

 

・メニュー画面

→ファンクション長押しでモード切り替えていきSYSTEM SETでファンクション3回クリック

→それぞれのメニューに合わせてファンクション長押しで設定画面へ入る

 

・VWモード・・・通常のVW運用(VW/CCW)

→ NDR/HIGH/SOFTの切り替え

 

・VTモード・・・温度管理運用(VT/CCT/TCR)

→温度管理時の出力Wの設定。

→デフォルト75W。そのまま使う人いないと思う。

→最低出力30W。これ以上下がりません。通常のVTで使い難い。

 

DEFALT・・・設定リセット

SAMRT ON/OFF・・・SMARTモードON/OFF

SCREEN TIMEOUT・・・スクリーンの表示時間設定

BRIGHTNESS・・・画面明るさ調整

PUFF COUNTER・・・ぱふぱふ

EXIT・・・出口はこちら

 

・VW MODE

→ファンクション3回クリックでVW/CCW選択

→VWでSMART MODE ONだと画面右下にSの文字が。正直スマートモードの恩恵がよくわからない。

→SYSTEMでVWの設定したNDR/HIGH/SOFTの出力に合わせて立ち上がりがかなり変わる。

→CCWはカーブモード。時間ごとの出力を設定。プリヒートが必要なクラプトンワイヤーでのビルドなどはこのモードあると恩恵がデカイと思う。

 

・VT MODE

→VWからファンクション長押しでSS/Ni/Ti/M1/M2となる。

→VTモード時ファンクション3回クリックでVT/CCT/TCR切り替え

→VTでの出力はSYSTEMで設定した出力が適応される。なのに30W以下にならないのがどうにも納得いかない。温度下げるかCCT使えよって事なんでしょうけどね。なんか不自由。

→CCT温度管理のカーブモード。時間毎の温度を設定。かける出力はSYSTEM依存。温度設定でコントロールしたいらしい。

→TCRはワイヤー抵抗値設定。

 

・BYPASS MODE

→擬似メカニカル。バッテリーの力そのまま。

 

 

・・・ややこしいですよね。

使い慣れないと操作普通に間違えます。これ。ファイヤボタン連打とかして、アレっ?てなる。

ファイヤボタンで決定とかじゃないです。

基本設定操作でファイヤボタン使いません。

 

んで温度管理がものすごく使いにくい。

どうやっても30W以下にならないせいで、パフった瞬間から30W以上必ず掛かるからワイヤーとコットンがくたびれる。

穏やかに立ち上げたいってのが不可能。アップデートで変更して欲しい改善点です。

22mmアトマしか載らないのに30W以上必ずかかる仕様はどう考えてもおかしい。カーブモードで細かく設定してもこの仕様があるせいで温度管理機能がワイドボアなアトマイザーにしかフィットしない残念仕様に。

VWしか使わないって人には逆に非常にオススメしたいデバイスです。カーブモードや細かい設定がデバイスのみでできて、しかも本体重量がものすごく軽い。しかも表面処理が非常に手触りよく仕上がっているので本体が冷たく無いし寒いこの時期にもいいと思います。

カーブモード使わなくてもSYSTEMメニューで設定した立ち上がりでパフの瞬間にかかる出力を好みに合わせられるし。

コンパクトなPICOサイズのVW機としては相当優秀なんじゃないかと思えるだけに温度管理の機能がややポンコツなのが悲しい。

 

手のひらサイズのコンパクトさとVW機能はマジで良かったです。

温度管理使わないって人でPC持ってない、もしくはPICOのファーム書き換え分からんねんって人がカーブモード使いたいなら、これオススメです。

 

 


にほんブログ村

BI-SO Wiskey BonBon

冬限定リキッド。

BI-SOは毎年限定リキッドをリリースしてるけど、今回のリキッドはかなり力を入れて制作されたようです。

提供:BI-SO

 

■パッケージ

・紙パッケージなんですけどオーク樽を彷彿とさせるパッケージングでウィスキー樽を表現してることからアルコールの味の表現にだいぶ力を入れてると想像できます。

 

■開封

■リキッドボトル

・ゴールドのカラーリングが艶やかなボトル。ラベルもかなり美しいデザインに仕上がってますね。中身見えないけど。

 

■26g6wrap 0.9Ω Hobbit 15W

ほんじゃまぁとりあえずこんな感じで。エアフローは閉じ気味でタイトな感じに吸ってみる。

チョコレートはカカオの味が悪目立ちするリキッドが多いんで警戒してたんですが、このチョコレート味は「ちゃんと」チョコレートの味がしますね。

んでウィスキーもかなりバッチリウィスキーの風味がしますね。アルコールの風味までうまく再現してます。

チョコからウィスキーまでの並び方と表現がすごくお菓子のそれと同じ感覚です。

 

 

■30g x2 / 40g  fusedclapton   0.6Ω freakshow mini   20W

モクっといってみるとどうか。

アルコールの味が強くなりますね。チョコレートが遠くになる。味わいは変わらないんだけどウィスキーのアルコールのエッジが強く感じますね。

30W以上でモクモクとするとアルコールの角も丸くなりますがチョコレート味の柔らかい甘味が飛んじゃう。

 

これクリアロでいいんじゃないかな。

てかクリアロが正解な気がする。

 

2月末販売終了予定らしいので、バレンタインデーにこのリキッドおまけしちゃうのも面白いんじゃない?

下手に甘ったるいチョコより個人的にはこのリキッドもらう方が嬉しいと思う。おもろいし美味しいし。

でもボンボンのウィスキーが苦手な人はやめた方がいい。

ウィスキーのアルコールの再現がめちゃしっかりしてるから。

 

VAPEの面白さって、飲み物や食べ物をいつでもどこでも味わったりできるってのも醍醐味だと思う。

これ吸うなら食べた方が早いやん!っていう人必ずいるんやけど、それはあまりにナンセンスだと思う。

特にアルコール系の味を運転中に味わいながら楽しめるなんてVAPEならではだと思うし。この遊び心のあるところが面白いところだと思う。

 

 


にほんブログ村