「Titanium」カテゴリーアーカイブ

Coil Build Titanium

温度管理ビルドのトレンドはチタンからステンレスになってきているようにも思います。最近はNifeの方がトレンドかな?

チタンのビルドはNi200よりもはるかにワイヤーの固定やビルドの難易度がはるかに容易なことから愛用されている方も多いかと思います。

そもそも温度管理機能付modを持ってても、やったことないよ!って方も実は多いんじゃないでしょうか。

その中にはやり方がわからない人やビルドの仕方がわからないなんて人がいるのかもしれないなぁと。

で、入手性も良く割と簡単にできるチタンのビルドをまずは紹介しておこうと思います。

 

image

今回使うのはUDの26G TA1

 

image

使う分だけ切ったらウェットティッシュでワイヤーをまず拭きます。ワイヤーの汚れや油脂を綺麗に拭き取ります。

これ大事な作業なのでしっかりやります。

image

2.5mm径 7ラップ シングルでビルドします。

image

焼き入れします。

modをVWモードにして8w程度でゆっくり熱を与えます。

じわじわ加熱していきワイヤーがお化粧するように色付いていきますから、その様を楽しみながら焼き入れしています。

チタンのワイヤーの発色がとても好きです。バイクのマフラーのように綺麗な色合いになりお化粧が仕上がったら焼き入れ完了。

image

コットン通していきます。

image

先日Twitterでも質問頂きましたが、私の場合コットンはロールにしてしっかり目にウィッキングします。

んで、コイル内部にはしっかりコットン入れた上で、コイル両端の部分のコットンは髪の毛を梳く時に先の尖ったもの(安全ピンや細いドライバーなど)でコットンをなぜるように梳くとコットンがふわふわになり、かつコットンの先端部分の長さ調整もしやすいと思ってやっています。

また余談ですがコイルの形成時の注意点などを知りたいとご意見いただきましたので、そちらは別記事にまとめていきたいと思っています。ちゃんと書くから!しばしお待ちをww

image

image

ちなみにこれで0.2Ωくらい。

VTCminiでTiモードでおいしくいただけました。

 

温度管理のメリットは

・ドライヒットしない

・味が安定する

この2点が最もわかりやすいメリットだと思います。

またいつも吸っているリキッドも温度管理で吸うといつもと違う顔を見せてくれたりします。

そしてその美味しい味が安定して味わえるんです。

 

ちょっと面倒な感じがして億劫になっていたって人もいるかもしれませんが、いつもと違う味わいをいつものリキッドで味わってみるのも楽しいですよ!

味の変化も楽しめますので是非チャレンジしてみてください。

 

今回紹介しているビルドは参考例ですので、いろんなビルドも合わせて試してみてくださいね♪

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中

ブログ村バナーをポチッと応援宜しくお願いします!