「genesis」カテゴリーアーカイブ

Coil Build Genesis

カップラーメンうまいですよね。

学生の頃からカップラーメンさえあれば生きていけると本気で思っているオヤジです。

姫にはメシ作るクセに!とか言うてそうな人が画面の向こうにチラホラ見えたりしてますが見ないことにします。

日清のカップヌ○ドルは宇宙で一番うまい!←

 

はい。今日はジェネシス。

コットンのケミカルな味を一切取り払い、純粋なリキッドのフレーバーを味わえる魅惑のセッティング!

・・・ただしビルドが面倒くさい。

ただそれだけで美味しい出会いがあるのです。

 

ただしビルドの仕方は人それぞれなので、今回紹介するのは私の割と横着なやり方なので悪しからず。

 

 

image

用意するもの

ドライバー/ニッパ/ピンセット/バーナー/オームメーター

ワイヤー(15cm)/ステンレスメッシュ(17mm x 20mm)

*バーナーはなければ家庭のガスコンロで代替可能

*オームメーターはなければmodで代替可能

 

まずはアトマイザーに30Gのワイヤーを、2.5mm芯のドライバーで10巻してコイルを形成します。

私の場合は先にコイル作っちゃう人です。

image image

image

何度かいろんなやり方試してはみたのですが、先にコイル作ってしまうとホットスポットが出にくいのでこのやり方で。

image

genesisビルドの最大の特徴。コットンを使わずにステンレスメッシュをウィックにします。

メッシュの毛細管現象でリキッドを吸い上げてウィック代わりにして供給する方式。

こうすることでコットン独特の味を省き、ジュースの純粋なフレーバーを味わえるという仕組みです。

でもステンレスをコイルに接触させたらショートするよね?ってことで、炭化皮膜ってのを纏わせるのです。

どうするのか。

image

答えは簡単。炭化するってことは単純に焼くんです。

バーナーでこれでもかってくらい焼きます。バーナーより家庭用のガスコンロの方がカロリー高いから早いけど。危ないから火傷しないようにくれぐれも注意してくださいね。

で、がっつり焼いた後にしっかり冷ましてからメッシュをくるくると棒状に巻いてやります。

image

こんな感じですね。

割としっかり巻いてください。指でこねるようにクリクリしてやるとしっかりしてきますよ。

巻けたらこのステンウィックにPGを少し垂らしてから着火します。再度ここで焼くことで巻いた時の手の皮脂を焼き落として浄化しつつ皮膜を再度形成する作業みたいです。この作業をサボると吸い上げ悪いしイガルしろくなことないです。しっかり忘れずやりましょう。

image

ファイヤー!

危ないので気をつけて行ってくださいね。

2回程度繰り返して行ってください。

 

image

出来たらコイルに通してあげて完成です。

2.5mm径のコイルに対して高さ1.7mm x 幅2.0mmのメッシュで私は作っています。

コイルには引っかからない程度で、スカスカすぎない程度の遊びがあるくらいのウィックがベストだと思います。

ビルド自体はコットンのビルドに比べて面倒に感じると思いますが、慣れれば大差はないです。

しかも!genesisビルドにはもう一つ最高の利点があります。

それはガンク処理。

リキッドをチャージするときに、そのまま軽くドライバーンしてやれば簡単にガンクは消えます。最近人気なリキッドはわりかしがんの付きやすいリキッドが多くないですか?

コットンをリウィックしたりすることなく、簡単に綺麗な状態でVapingできる。しかもフレーバーもリアルに味わえる。

少し面倒な手間をかければ美味しさ長持ち。なかなか面白いと思いませんか?

 

ちなみに私はこのビルドでYAIRAさんにおすそ分けしてもらった13Sins Skyeを吸うのがたまらく好きです。クッソうまし!!!

 

皆さんも是非お試しアレ♪