BI-SO 和 -nagomi- 鈴音 -matcha caffe latte-

BI-SO のNEWリキッド  和 nagomi

第3弾は 鈴音 抹茶カフェラテ。

こちらもBI-SO様からご提供頂きました。

ありがとうございます!

 

先週 抹茶が飲みたくなって、宇治にふらっと

行ってきた直後なので!お口が肥えている今のうちにレビュー!

 

image

BI-SO 和 NAGOMI 鈴音 matcha caffe latte

VG:PG   70:30    NIC : 0

 

香りは抹茶なのは間違いないんですけど・・・

これはいわゆる「グリーンティー」ですね。

お抹茶に砂糖混ぜてあるあんまいやつww

 

舐めてみたけどやはり「グリーンティー」。

甘さが砂糖の甘さそのもの。

 

0.7Ω 等間隔コイル 11wでぷはぁーー。

うん。グリーンティー。

それ以上でも以下でもない。

 

抹茶の表現は渋みとか苦味とかよく表現できてます。

これはほんまに純粋にすごいレベルだと思います。

 

個人的な感想ですけど私はこのリキッドは苦手。

 

茶葉がすごく若くて甘みが強い抹茶に角砂糖を

バカスカぶち込んで牛乳で割りました的な味に思えてしまったから。

 

コンビニにある140円くらいの抹茶ラテとかあるでしょ?

あれとよく似てるかも。

残念なことに私あれ苦手なんですww

深みのある抹茶にほんのりした奥ゆかしい甘みを

期待してただけに、少し残念。

 

甘みとの調和がセッティングで何とかなるんじゃないかと

あれこれ試してみて、フレーバーが比較的乗りにくい

スターターのタンクでちょうどいい味のバランスになりました。

1.5Ω前後のコイルに8.0w ~ 9.0w くらい。

それでも私には少し甘すぎだけど(笑)

 

よく考えたら国内メーカーで入手容易で

スターターで一番おいしいように作られてるとしたら。

これほんまによく考えられたリキッドだと思います。

海外のユーザーにもこの甘みくらいのほうが

ウケやすいのかもしれないし。

 

一見こんな変り種ぽいフレーバーだと、まっず!!てなるのが

関の山だったから、手に取る事すら無かった事を考えると

すごい進化なんじゃないかなぁ。

 

抜群にうまい!とはなりませんでしたが

興味をそそられた方は 8/1 販売開始となるこの

NAGOMIシリーズをお試しあれ!!

コメントを残す