「アトマイザー」カテゴリーアーカイブ

CoilArt DPRO RDA

これもいきなり届いてびっくりした系。

そしてレビューするの忘れてた系。wwww。

 

これ美味しいです。

24mmアトマイザーってどこか大味でフレーバーの乗りはミスト量で押し切る感じがしますが、これもその類に入ると思います。

しかしながらどこか上品な味わいも出せるなかなか良い作りしてます。

 

■箱

・ブラック&イエローのCoilartらしいカラーリング

・パッケージデザインとかは僕は好みです。

 

■付属品

・コットン/コイル/Oリング/BFピン

BFピンがもはや付属品に着くようになったんすね。BFアトマってものすごい高価で14mmとか16mmのものばかりだったイメージを持っていましたが、24mmアトマイザーもBFにしちゃうんだねぇとか思ったり・・・

上からドリップしても十分保持すると思うんすけどねーww

余談ですがBFだと当然下からリキッドをチャージするので乾きかけのコットンに染み渡るのにタイムラグが生じます。

その点直接ドリップするとコイルに向けて直接リキッドをチャージすることになるのでコイル内部のウィックに余計な熱が行かずにヘタリを防ぐことにもなるんじゃないかなーと思っています。

14mm16mmあたりのアトマイザーであれば内径の狭さから、チャージの頻度の解消目的のBF運用でもリキッドのコイルへのチャージ速度はかなりいいと思うんです。

22mmアトマイザーでメカBF運用とか特に最近流行してるのでよく見かけますが、ウィッキングとチャージには気を使うんじゃないのかなぁと思いつつ、このアトマイザー味でねぇとか文句言う人をちょくちょく見かけるので。お前の腕が悪いんじゃねぇの?っていつも思いながら遠くで微笑んでます。

 

■本体

余談長すぎました。

・デッキとトップキャップの2ピース構成

・DTはウルテムハーフインチ

 

■デッキ

・金ピカデッキ

・ポストレスデッキでビルドの際コイルの足の処理にはやや慣れが必要なデッキ。

・コイルインサート部分は幅も広く、SSFCなどのartcoilなどのインストールも楽勝。その分単線28G以下の細いワイヤーでは固定の際に足が逃げやすくビルドしにくい。

 

■エアフローホール

・O-attyのぱくり。ティアドロップな形じゃないくらい。

・斜めにコースを取ってあるので多少多めにドリップしたとしてもオーバーフローが発生しにくい。

・コイルの下へ潜り込むようにエアーが入るのでフレーバーの乗りは非常に良く、味わいとしては想像より良かった。

 

■ピン/デッキ裏

・ポジピンはしっかり出っ張っているのでハイブリッド接続のメカニカルMODでの運用も可能。

・ポジピンに十字切ってあるように見えますが、プラスドライバーは入りません。マイナスドライバー仕様です。

・ピンの切り目の処理が若干荒くわずかにバリがありました。ハイブリッド接続の場合はしっかり確認が必要かと思います。

 

■ワイヤー固定部分

・個人的にこのアトマイザーの最大のマイナスポイントはここ。

・六角レンチでの締め付けは系が合っていればしっかり締め付け緩めできるけど、インチ合ってなくて舐めるって人多い。

・締め込んで行った時に奥に入り込んでしまうのでドライバーでの締め込みは難しかったのかもしれないけど、この固定はやらかす人多いんちゃうんかなぁと思う。

 

■ワイヤーインサート部分

・ポストレスのためコイルの足の長さをあらかじめ決定して切ってしまう必要があり、ビルドとして簡単な部類とは言えない。

・ワイヤーホール自体は縦横共に広さがあり、大きめのコイルの設置をしても問題ない作りになっている。特にartcoilの設置にはかなりバランスがいいため、単線でのビルドよりもfusedclaptonやstaplecoilなどを設置する前提で作られた感じを受けます。

・単線ビルドでは26Gまでの細めのワイヤーでは固定の際に足がよく逃げていまい、ビルドしにくかったです。

・ウェルもそこそこあり、24mmのアトマイザーのためウィックも十分な量を置くことができます。そのためリキッドの保持量はかなりあります。

・トップキャップ外さずに雑に上からドリップしても、エアホール部分の天面が斜めに処理されておりリキッドが乗っかることがないのでドリップに気を使わなくていいです。

 

■キャップ裏

・みんな大好きドーム型。

・キャップとデッキの噛み合わせは緩くなくキツくなくちょうどいい感じでかなり好みにハマりました。

・キャップ裏の処理は非常に綺麗で、なめらかにミストが集積されていくように感じます。

 

■DT

・ハーフインチウルテムDT

・こいつがかなり良い!好みによるとは思うんですが、少し絞ってある為にドローがガバガバにならないし、味わいの上でも口の中への広がりがすごくいい。

・内径を絞ってあるので肉厚になっており、熱が伝わりにくく唇が熱くなりにくい。

 

■フィッティング

・同メーカーのMOD。合わないはずない。

・色違いトップキャップも合わせて送付して頂いんですが、黒って合わせるの地味に難しいんですよね・・・別売りのトップキャップを買うならウルテムとかクリアとかの方がいいと思う。

 

■Build

・fusedclapton  ka28gx2 / ni80 44g  dual set

 

シングルでもデュアルでもかなり美味しく味わえるRDAだと思います。ミストの濃さはデュアルビルドの方がもちろんいいです。

コイルの足の処理に慣れればセットはすごく簡単に感じるようになります。何度かは失敗します。ていうかしました。

作りも非常に良く、仕上がりもいいので24mmRDAではかなり気に入って使っています。

しかし単線でのビルドのやりにくさや六角レンチでの固定など、幅広くオススメできるかというと答えはNOです。

深いゆったりした味わい方が好きな人はそもそも24mmアトマイザーは選択しないだろうし、シングル28Gコイルがマストな人にも勧められない。

ミスト多めが好き。その中で24mmに迷っていて味もできるだけ妥協したくないって人にはオススメです。

あとart coil で美味しく吸いたいって人にもオススメできます。

 

ポジピンのバリだけは残念でしたが、工業品には仕方がないと思っています。

悪いとこもあるっちゃあるんですが、いいところが非常に多い製品ではあるので、僕個人はかなり好きなアトマイザーです。

時間ない時とかシングルでちゃちゃーと組んで、雑にドバーッとドリップしてもへっちゃらなんでめちゃめちゃストレスフリーに使えるありがたいRDAです。

 

 


にほんブログ村

Asvape Cobra

普段あまりクリアロ使わなくなったなーと思う今日この頃なんですけどね。

僕がVAPEと出会った2年前とはえらい変わったなと思います。

クリアロでも高価だったし、今より美味しくなかった。

リキチャも当たり前にトップフィルになったけどボトムチャージかタンク外すかしてた。

 

何よりオシャレになったと思います。

このクリアロはシャレてるくせに美味い。

提供はHeavenGiftsさんです。ありがとうございます。

箱。開け方わからなかった。破壊するところだった。

てか箱から洒落てない?

ぶっ壊す前に開いてくれてよかった。

予備ガラスもバッチリ付いてる。

高価なアトマイザーでも予備タンクついてないのとかあるし。

素直に嬉しい。

これこれ。この銃弾見たいな入れ物に予備コイルが格納されてるんですけど、これめっちゃ好き。

無駄にこーゆーの好きなんですよ。

遊び心があってこれだけでワクワクしてきます。

パーツ点数はこんな感じ。

ポジはちょいと出っ張る感じ。

このコイルがなかなかいいんですよ。

Ni80 0.5Ω 30wー45w推奨

さっきのバラバラ写真でわかるかもなんですが、チャンバーやらチムニーやらがなくてコイルが単体でそれをカバーしてます。

なので味はすごくドリッパー寄りの味の出方します。

コイル周囲のブツブツに見えるところが全てリキッドチャージホールになっていて、すごく効率よくコイルにリキッドが染み込んでいきます。

そのくせ過剰供給になりにくく、ジュルッたり漏れたりもしませんでした。なかなかマジでいいですよ。

トップフィルとDT。ここはいたって普通。

DTが少し斜めカットしてありますが510換装できるのでお好みで。このままでも割と絞ってもいい感じだし焚いても熱持ちにくいので僕は嫌いじゃない。

 

全体通してすごく出来栄えもいいし見た目もいい。

味わいもかなり美味しいです。普通にめっちゃ美味い。

このくらい美味いのが手軽になるのは本当に素晴らしいことだと思います。

あえて叩くなら24mmってとこですかね。24は載せるMOD選びますし。22で出せばいいのに。

RBAキットとかもあるといいのに。今は流行らないか。普通に安くて美味いRTAめっちゃあるし。

この24mmクリアロお手軽感でさらに美味しいってのがいいんでしょうね。MODとセットでスターターキットにすればいいのになぁー。勝手に期待しておこう。

 

とにかく普通に手巻きするのがバカらしく思えるくらいには美味いです。24mmのアトマイザー選ぶときはこいつもエントリーしてあげてください。後悔しないと思うよ。

 

提供:HeavenGifts


にほんブログ村

Vapefly Nicolas MTL

家にいる時あまりテレビは見ない人なんですが、最近はHuluとかで映画とか見れちゃうもんだからリビングでうっかり何時間も過ごしてたりします。自分でもびっくり。

ヒーローアカデミアのアニメ版初めて見たけど面白かった。

 

今日は久しぶりにクリアロのレビューです。

vapefly   NICOLAS  MTL flavor tank

こちらはHeavenGiftsさんのご提供です。

いつもありがとうございます!

パッケージはこんな感じ。

わずかに箱潰れあるけどそーゆーのは気にしてない。

 

中身が大事。

イラスト付きの解説はいいと思います。

日本語の説明書付いてないけどイラストでだいたいわかるし。

その辺の気遣いはすごく大切な気がする。

付属品。意外と邪魔な気もするけど、シリコンゴムとか予備のガラスタンクっていざトラブルあった時に本当に嬉しい。

あと、初期インストールコイルは0.6Ω。

予備のコイルが1.8Ω。

MTLに特化したタンクなのに0.6でサブオームってのもなぁと思ってたんですけどね・・・

なかなかコンパクトなアトマイザーで全高は46mm。

大きさ的にはほぼサペミニ。

リキッドキャパが3mlなのでリキッド持ちはかなりいい。

僕はこれ1日1タンクで持ちました。

パーツ点数的には一般的なところ。

特に目立って変わったところはありません。

 

少し特徴的かなと思えたのはドリップチップ。

富士山のように先細で咥え易く、なおかつ本体側と唇側の両方に少しづつテーパーかけてあります。

このDTはかなりいいです。

デルリンで熱くなりにくいし、汚れにくいし。

 

エアフローコントロール部分とピン部分が一体になってます。

クリアロではよくある構成ですよね。

写真では少し見えづらいかもしれんですが、横長の穴と単発の丸穴の2種類の穴が空いています。

横長のスリット穴で複数のエアホールを使って多めの空気を取り込むことができ、単発穴を使うことで穴一つに絞った少なめの空気量を調節することができます。

これがまたよくできていて、自分にあった好みのエア量にほぼ間違いなく調節できます。

 

で。このコイル。

問題はこいつ。

エアフロー全開で気持ち軽く吸うならこのコイルでいいんですけどね。MTLで吸うとなるとそうもいかない。

予備の1.8Ωコイルならかなりいい感じにMTLできます。

なんでわざわざこのコイルが必要なんだろうと。

 

で、色々吸って見た結果。

夏場のこの季節に清涼剤やらメンソールやら吸いたくなる人も多いと思うんですが、メンソール系リキッドを「口吸いよりやや軽く吸う」っていうかなりニッチなポイントではありますが、その使い方なら僕にはヒットしました。

メンソール系をRDAでガシガシ吸うツワモノな喉の人にはまるで不必要なものになりますが、僕のようにメンソール系リキッド好きだけどすぐに咽せてしまうという人には、きっといい感じになると思います。

MTLで吸いたくなるリキッドがどうしてもタバコ系リキッドな人の僕にはメンソ系リキッドにぴったりっていう「中途半端な」アトマイザーってあまり選択肢がないんですよ。

それをクリアするのにビルドでなんとかしてきたってのもあるのでねぇ・・・

クリアロのように手軽にとなると余計ですし、価格的にも安価な部類から選ぶとなるとやはり弾数は絞られます。

 

そこいくとこのアトマイザーは0.6のコイルでちょっと熱をかけて空気多めに取り込むと咽せずに美味しく吸えました。

もちろん1.8のコイルでタバコ系燻らしても美味い。

 

ちょっとニッチなユーザー向けのプロダクトだとは思いますが、かなりいい製品だと思います。

爆煙じゃないくらいがいい。

コンパクトなものがいい。

MTLもしくは少し重いくらいの吸い方がいい。

ビルドは苦手もしくはしたくないからコイル交換できるもの。

価格はできるだけ低価格がいい。

味は良いものがいいが手軽なタンクがいい。

 

こんな感じのアトマイザー探してる人にはいいかなぁと。

 

↓こちらで買えます

HeavenGifts

 


にほんブログ村