「スターターキット」カテゴリーアーカイブ

CoilArt MAGE MECH TICKER KIT

まぁかなり前に来てたよね。

更新ずっとサボり気味なんで溜まるんですよね。

レビュー依頼無しに届いたから後回しにしてて忘れてた。

 

CoilArtのメカチューブキット。

いろんな人がレビューしてるから今更感が半端ない。

しかし気にない。

箱。黄色と黒は勇気のしるしって知ってる?昭和世代は知ってるはず。24時間戦いましょう。

内容物。メカチューブ・RDA・ドライバー・シリコンバンド・予備ゴム・などなど

サンドブラストって言うんですかね。少しザラっとしたマットな手触りの塗装です。

CoilArtの文字のとこだけ塗装してないです。

文字表面にはクリアレジン加工してあるようです。

錆びなくて綺麗に文字が浮き上がるのは綺麗で好きです。

アトマイザーには彫り込みしてあるところも塗装されている為、チューブの文字がしっかり目に入ります。

悪目立ちしないし、他のMODに乗せる時にもいやらしくないようにしてあるのかなぁと思ったりします。

510ハイブリッド接続。

キットのRDA以外で利用する際は、コンタクト部分をしっかり確認し、ポジティブピンのしっかり出たものを使います。

アトマイザーのプジティブピンが直接バッテリーとの接点になるのでメンテナンスも丁寧に行うことも重要です。

好き嫌い分かれるとことろは、このロゴ。かな。

控えめにしてくれたらいいのにって言ってる人も大勢見かけますが、僕はこれカッコいいと思っています。

スイッチ部分からも分かるようにこのMODの素材は銅。

カッパーチューブですね。

スイッチ構造はスプリングではなくマグネットスイッチです。

メンテの時はマグネット壊したり無くしたりしないよう注意。

 

マグネット自体はなかなかの厚みと大きさがあるのでしっかりした反発力があり、スイッチングも軽快です。

ただ、こやつ。

ほかのレビュー記事でも軒並み書かれていますが、このスイッチのねじ山の塗装次第で通電しないものがあるようです。

僕のは問題なかったけど。

きちんとネガティブ側が通電しないでファイヤーできないこともあるようなので、ネット通販で購入するのは博打かも。

初期ロットだけかもしれませんがね。

続いてアトマイザー。単純な3ピース構造。

特筆すべきはボトムフローってことかなぁ。

デッキ。

僕の個体ではキャップとデッキが非常に硬いので、VGで湿らせてあります。いきなりゴム切れました。

このデッキビルドしやすいです。

幅広くコイル形成できますし。

ボトムエアーなので味は間違いないです。

KennedyとMesessのいいとこどりって感じですね。

無駄にでかくコイル作ってビルドしました。

22~24ゲージくらいの単線でビルドするなら、中央の2穴のみを使ってビルドするのが楽チンです。

24mmとはいえボトムエアなので上からダバダバダと雑にドリップするとしっかり漏れます。

ウェルは深いのでドリップはトップキャップ外して丁寧にリキチャした方が賢明です。

 

トリックキットと謳っているキットなので輪っか上手くなるかなーとか思って練習しましたがそこは変わりませんでした。

いつまでたってもクラゲで限界です。

ちぎったりあっちゃこっちゃ飛ばしたりとか僕には一生出来そうにありませんでした。

 

通電もよく、ロックがしっかりできるメカニカルチューブ。

同梱のRDAも非常に美味しいモクモク系。

かなりしっかりと纏まったキットと価格だと思います。

 

ハンドメイドの高価なものではなく、できるだけシンプルかつ機能的なMODだと思いました。

 

 


にほんブログ村

VapeOnly Malle S Lite

えー相変わらずいい加減なブログ運営しています。

なかなか更新しなくてすみません。

 

この商品かなり前に提供戴いていたのに記事を書けていませんでした。ごめんなさい。

提供はVAPEonlineさんです。

いつもありがとうございます!

 

いろんな方がレビューされていますが、タバコ型VAPEってのも一定の需要があると思うんですよね。

特にこの商品は「軽い」。めっちゃ軽い。

小さくて軽い。悪目立ちしにくい。

 

VapeOnly Malle  S  Lite


内容物。本体、USBケーブル、交換用コイル、取説ほか。

ケースに充電機能はなく、底部分にマグネットが仕込んであり差し込むとカチッとくっついて、逆さまにしても落ちません。

左が吸い口側。右はバッテリー側。

オートスイッチなので吸い込むだけでVaping出来るタイプ。

吸っている間(スイッチがONの間)バッテリー先端が赤く光ります。まるでタバコのように光ります。

光らなくてもいいと思う人も多いみたいだけど。

僕は光って動作確認できる方がいいと思う人。

吸い口側をくるくる回してタンク部分を外します。

コイルとタンク部分に分かれるので水洗いが出来ますね。

ここは個人的にポイント高いと思います。

このタイプのデバイスはアトマイザー部分の分解洗浄ができない機種が多く、コイルとタンクが一体になっている物もあります。

つまり分解洗浄ができないものが多く、匂い残りがしやすい。

汚れも匂いも洗えるのは清潔感があってそれだけで好みです。

タンク部分。

中央部分は空気の通り道なので真ん中を避けてリキッドを注入する必要があります。

通常のリキッドボトルやスポイド、ユニコーンボトルなどでは非常にチャージしにくいです。できないってわけじゃないけど。

めっちゃやりにくい。中心の部分にリキッドが被って漏れたりするので、先端が針のようになっているニードルボトルってのを利用するのが本当に便利です。

ちなみに提供元のVAPEonlineさんが同梱してくださっていたのでユニコーンボトルと比べてみましたが、圧倒的にニードルボトルの方が楽チンで安心です。

 

コイル部分です。

思っていたより大きいと感じました。

もちろんクリアロマイザーなどのプリメイドコイルに比べれば非常に小さいのですが。

本体に対してもっと小さいのかと思っていました。

このコイルの大きさがこのデバイスの味わいのポイントになっていると思います。

ただしコイル部分がやや大きいということは熱を持ちやすいという側面もあります。

 

吸気口です。反対側にも対角線常に2箇所針の穴くらいの小さなエアーホールが存在します。

この大きさがすごく絶妙。

もちろん口吸い向けなんですけど、紙巻きたばこに比べたらかなり軽い。重たいんだけどギリギリ肺直いける。

それくらいのドロー。

ここは思いっきり重いのがいい人は1箇所セロハンテープで塞いだらめっちゃ重くなります。ちょっと熱いけど指で塞ぎながら吸うのもできなくもない。熱いけど。

 

ケース側面には充電用USB差し込み口。

ケース自体はバッテリー機能を持たないため、PCCのような役割はありません。

あくまで本体バッテリーへの充電のみ。

充電中は赤く光ります。

満充電になると消灯します。

大きさ比較。

 

 

くわえタバコができて、ミスト控えめ。

味の出方はかなりいいです。

ReaperBRENDにニコチン添加してタバコがわりに吸ってますが、運転中なんかにはかなりいいです。

RDA大好きですけど運転中や飲食店ではiQOSのように煙が少なく匂いの少ない方が好ましいと思うんですよ。

特に飲食店なんかだと他の人へ迷惑もかかりにくいし。

VAPEのミストって害は少なくても強烈な匂いと大量のミストは迷惑になると思うんです。

キッツイ匂いの香水つけたオバちゃんが目の前でさらに香水振り撒いてたらムカつくと思うんです。それと同じことしているようになってしまうと思うと、このようなデバイスはとてもありがたいと思えます。

VAPEを知らない人で禁煙のために電子タバコってどうなん?って考えている人にプレゼントなんて最高じゃないですかね。

このカテゴリーのデバイスが充実するのは電子タバコやVAPEへの入り口がどんどん広くなるようでいいと思います。

2.3年前のクリアロより美味しいし。

すごい進化だよなぁって素直に感心しました。

これくらいさりげない感じで持てるとサラリーマンにも嬉しんじゃないですかね。

 

提供:VAPEonline

 


にほんブログ村

使い切り電子タバコ PUFFTHY (パフシー)

使い切りたばこって今まで結構出回ってて、僕もアレコレ買ってきたんですよね。コンビニとかで売ってるやつ。

今まで使った中ではHoney Smokeのメンソールがすっきりしてて美味しかったのを覚えています。

正直この手の商品は限界がある気がするんですけどね。

今回のレビュー品は株式会社サンティア様からご提供いただきました。ありがとうございます!

PUFFTHYは全4種。

・シガレットエナジー(タバコ味)

・ヴァイオレンスメンソール(ミント味)

・ヴィヴィットローズ(ローズ味)

・トワイライトコーヒー(コーヒー味)

全てにコラーゲンやらビタミンやらコエンザイムやら健康的な成分があれこれ詰め込まれているんだそうな。どこまで人体に摂取できるのかわかりませんけどね。

吸引可能回数はそれぞれ500回程度だそうです。

 

 

ひとつずつ見ていきましょう。

 

まずはシガレットエナジー。

メッッチャたばこ味です(爆笑)それ以上言うことないくらい、めっちゃたばこ味。この手のデバイスのタバコ味ってだいたい間違いなくまずかった。こいつは普通に美味い。

口がVAPEに慣れてるから余計に美味いと思えるとは思います。

タバコ味ですってタバコユーザーが初めて吸うとかなり違和感を感じると思う。

僕はタバコリキッド愛好家なので好きな味。

 

ヴァイオレンスメンソール

めっちゃ爽快感あるメンソール。しかもすごく清々しいメンソール感です。Haloのサブゼロに近いかも。口の中の後味がすごく似ている気がします。爽快なメンソールだけどわずかなミント感があっていいです。

 

ヴィヴィッドローズ

この手のフレーバーはよく芳香剤臭いとか言われますが、NINJAWORKS PinkPantherとか好きな人にはわかると思うんですけど。めっちゃ薔薇。ローズ。芳香剤かと言われれば僕はこう言う。「タンスにゴンのあの科学的な匂いじゃない」

テイスティングしてて思うのは「おっさんが吸ってて似合うもんじゃないな。女子かもんぬ。」

 

トワイライトコーヒー

コーヒーフレーバーなんですけど、珈琲豆の焙煎の匂い。Cofeeな香りとはちょっと違う。焙煎珈琲飴の水飴抜き。

しばらく吸ってるとだんだんコーヒーブレイクした気になる。

普段ブラックしか飲まない僕でも甘くないこの珈琲の味わいはありがたいと言うか口が欲しがりますね。

 

 

それぞれ吸ってみて驚くのは、味の濃さ。

味の濃さとデザインとにはかなり製品化の際にこだわりを持って取り組まれたそうなのですが。見事です。

ちょっと舐めてましたね。めっちゃ味濃い。

デザインの部分としても、パッケージから本体に至るまで念入りに考えたのがうかがえます。

それぞれのフレーバーに合わせてコンセプトを持って製品化していったように感じられます。

大きさもこれまでの同類製品より僕の体感ではコンパクトに思うんですよね。長さが短いと思うし、軽い。すごくくわえやすい。

タバコに比べりゃ重いですけど、くわえタバコできるサイズ。

10秒カットオフの安心設計なのも地味に嬉しい。

吸うだけの簡単VAPEは壊れた時にスイッチ入りっぱなしになってしまったりするのが怖かったりするんですよ。

 

これはプレゼントにも最適だと思います。

こういうモノが向上して増えていくとVEPEや電子タバコへの導入にもすごく入りやすくなりますし、敷居が下がると思う。

この味の濃さはマジで画期的だと思いますよ。

 

提供:PUFFTHY


にほんブログ村