「mod」カテゴリーアーカイブ

Hotcig DX75 mod DNA75

冬将軍が猛威を奮ってますねww

恐ろしく寒い。この週末は家に引き篭もって家事しながらVapeにまみれて過ごしちゃいます。

 

今日はHotcig DX75。

DNA75基盤の26650バッテリーMod。

こちらはGearBestの提供です。ありがとうございます!

綺麗な木箱に入っています。

これだけでもハイエンド感が漂ってきます。

中身は本体とスラントリング、USBケーブル。

このケーブルの派手さは好き嫌い分かれそうです(笑)

ちなみに僕はこの個性が好きです。

コンタクトはスプリング式。30mmまで載せられる。

バッテリーキャップにはベントホールとマイナスで調整できるコンタクト部分があります。バッテリーの長さの誤差をこのコンタクトで調整できます。

フロント部分にはファイヤーボタンと+−ボタン、USBと液晶部。

18650バッテリーも使用可能になるアダプター付属しています。

Hotcig  DX75のロゴも電源が入ると表示されます。

VWモード

Niモード

Tiモード

SSモード

 

26650バッテリーのデカさがあまり伝わらない写真で申し訳ないんですが、クッソでかいです。

このバッテリーで運用すると僕の場合だと3日くらい持ちます。

クラウドチェイサーの人でもそれなりにもつと思う。

デカさの比較。大体この辺りのModと同じくらいの大きさ。

22mmRDAを合わせるとスラントリングが綺麗に映える。

24mmアトマイザーも不自然なくフィットします。

個人的に気に入った組み合わせはこちら。

RDTAのタンク部分をスラントで少し隠して合わせる。

 

 

使用感についてですが、DNA基盤ならではの安定感はさすが。

ファイヤーボタンをクリックしてからの通電速度も申し分なし。

立ち上がりなどのパワーについてはJoytec基盤の方が早い。

若干柔らかく立ち上がり、口の中に綺麗にミストが運ばれてくる感じ。

VT75nanoで初めてDNA75に触れてから、この基盤の素晴らしさには感服しています。

しかし、この基盤のデメリットはやはりPCでの設定ありきで楽しめるということと、操作性の煩雑さ。

ファイヤーボタン5回クリックしてロックしてから+-同時押ししてモード切替してからプリセット切替とか。

とにかく操作性は慣れるまでかなり面倒。

慣れてしまえばそこまで繁雑に感じなくなりますが。

本体単体であれこれ設定をいじったりするのもできないので、やはりこれは初心者向きではないと感じます。

とはいえ馬鹿高い価格帯だったDNA75基盤Modが手を出しやすい価格とバッテリー持ちのいい、26650。

スラントリング付属で最近流行りの24mmアトマイザーも綺麗にフィットしてくれるとイイ事も盛りだくさん。

istick picoあたりからのステップアップに検討してみてもイイんじゃないかと思うデバイスです。

 

 

GearBest


にほんブログ村

tesla stealth mod  mini Squonk

相変わらずのマイペース更新。

いいんです。ゆるーくやっていくんです。

 

 

今更ながらTESLACIGSのTesla Stealth mod 。

2200mAの大容量バッテリー搭載でデイリーユースに大活躍してくれるだろうと期待満々で購入。

image左がmod。右はアトマ単体でBFを簡易的に楽しめるFountain v2。

この組み合わせで超ミニなBFsquonkが出来上がるって寸法です。

これはツイッターでお世話になっているメレーグマさんのお店で購入。

image imageまずはmodから。

パッケージ内容は本体とUSBケーブルと説明書。

image imageスプリングコンタクトで22mmのアトマが綺麗にすっぽり収まるくらい。

底面にはベントホール。

上部のファイヤボタン5クリックでON/OFF。

ファイヤボタンのところがリング状に光りますがその色でバッテリー残量を判別できます。

4.2v~3.7v・・・青  3.7v以下になると赤に光ります。

下限抵抗は0.1Ω。最大出力は100w。

imageバッテリー内臓タイプなのでUSBで充電します。

 

めっちゃシンプル。これだけ。

一応小さな基盤が入ってて、短絡保護とか電圧保護とかしてくれるけど使い方としてはほぼメカニカル同様です。

 

 

imageアトマイザー。

こいつがminiSquonkのキモ。

image

image

みんな大好きFTの商品なのですがオーセンの存在しないstyle商品。

明らかに雪狼を意識してるんやけどなぁ・・・ww

商品がアレなんで細かい説明は割愛。

imageメレーグマさんの優しさ部分。

口当たりとフレーバー乗りが大きく変わるこのDT。

標準がワイドボアすぎるからと加工してくれてます。

愛です。愛。

image合体!

ちょうど切欠き部分でボトルをプッシュできる!素敵すぎる!

imageビルドはこんな感じ。

もう少しコイル上に持ち上げる方がいいかも。

 

ドリッパー好きだけど車移動が多く、移動中にドリップするのが危なっかしいのと煩わしいのでタンク運用が多い私でもこれなら。

BFアトマもBFmodも高額なのが多いですよね。

しかもコンパクトなのはあまり見かけない。

そこでこの合わせ技ですよ。

 

ドリッパーでこそ美味しいリキッドを持ち出したいときにはコイツはかなりピッタリな組み合わせなんじゃないでしょうか。

avocadoAZEROTHみたいなRDTAなんかも豊富に安価で入手できますが、こんな風変わりな感じでの楽しみ方も面白いですよ。

なんせコンパクトですしね。持ち歩きが楽チン。

手軽にBF体験してみたいって人はお試しあれ!

HCIGAR VT75nano

いきなりですがウチの姫がアメリカに修学旅行に行きました。

国内と違って何かあっても迎えに行けない場所に行ってしまってるんだと思うと親の自分方が不安になるという始末ww

意外と自分の親バカ加減に気づき絶賛絶望中ですww

 

今日はmodのレビュー。

HCIGAR  VT75nano。こちらはGearBestさんからご提供いただきました。ありがとうございます!

img_3701

Hcigar VT75 NANO box mod
Equipped with the DNA75W chip
Support Ni / Ti / SS wire
Output wattage: 1 – 75W
Temperature control range: 100 – 300 Deg.C / 200 – 600 Deg.F
Zinc alloy construction
Work with single 18650 battery ( not included ), discharge current should be above 25A
Customized LED fire light
510 spring loaded connection
Magnetic battery cover
Micro USB port

↑ HPより引用

VT75が26650サイズなのに対して18650サイズにダウンサイジングしてボタン配置などを少し変えたモデルってところ。

基盤は安心のDNA75。

細かい設定はPCソフトEScribeで設定。

img_3703

本体 USBケーブル 説明書

img_3707

アトマイザーとの接続はスプリングコネクタで510スレッド。

img_3711

正面にはパフボタン +−スイッチ   USBポート

img_3710

底面にはバッテリーカバーにシリアルNo.。ベントホールもキチンと開いてます。

んでこのツマミみたいなところがマグネットになっていてつまみあげてコインなどを使わなくても回せます。

img_3718

パフボタン下のところにはLEDがあり、このライトの発色が地味に綺麗で好き。

USB充電すると赤に発色してふわっと点灯して数秒で消えてを繰り返す。ウルトラマンのカラータイマーを上品にした感じ。伝わらんやろうなぁww

画面の表示もパッと消えるんじゃなくてゆっくりフェードアウトする感じで消えるんだけどこのセンスがツボ。

img_3726 img_3725 img_3723

サイズ比較。

ipico   VT75nano    VTCmini

サイズ感自体はVTCminiとほぼ変わらないんですがラウンド形状のせいか手のひらにすっぽりと収まる感じはpicoと似てます。

img_3716

しかも24mmアトマイザーのAZEROTHとのフィッティングがジャストフィットです。このでかいアトマイザーが可愛く見える。このフォルムは正直シビレました。

img_3727

22mmアトマイザー  Reckless

これまた素敵ですよね!(自己満足ww

 

 

使用感としてはさすがDNAという感じ。

安定感ハンパない。

サイズ感と握りこんだ時のフィット感が個人的に好みの奴なので満足度はかなり高いです。

細かい設定がPC必須なのはマイナスポイントかなとは思うけど、それを差し引いてもこれはいいものだと思います。

最近24mmアトマイザーもよく見かけますし、DNA基盤のmodでシングルバッテリーでデイリーユースできてコンパクトなもの。

そんなワガママをがっつり叶えているmodです!

img_3715

 

 

提供 :  GearBest