Laisimo NANO-Y1

僕のお部屋の気温が30度を超えました。

夏もすぐそこまで来ている気がします。

 

そもそもVAPEってもっと手軽に楽しめるようになった方がいいと思いませんか?

とても高価なハイエンドな物も素敵だと思いますが、手軽に安価な商品が増えていくことは消費者にとってありがたいことだと思っています。

マニアックでハイエンドなVAPEは本物で、安いスターターはオモチャのように思っているアホもちらほら。

すごく残念です。

しかし自身の周囲も随分VAPEへの関心が高まって来ているのを感じています。

事実、職場の同僚や元カノさんやら後輩や身内など。いろいろな方からVAPEに関して質問を受けるようになりました。

そのうちの一人がこう言いました。

「これ、吸い口に蓋とかないん?」

今まであまり気にしませんでしたが、不衛生に感じると言われて気になりだすと気になるものです。

そんな当たり前だけど当たり前じゃなかったもの。

 

今回はキャップがあってすごくお手軽に使える素敵なスターターLasimo NANO Y1 をご紹介します。

こちらは電子タバコVAPE.netさんからご提供頂きました。

ありがとうございます!!!

 

LASIMO NANO-Y1 本体x1

0.8Ωコイルx2

USB充電ケーブルx1

warranty card / 説明書

 

本体にキャップが付いていますので、キャップを外すと吸い口の部分が現れます。

このキャップ。本体のお尻の部分にマグネットでくっつくんですが、少し磁力が弱くて落ちそう。とはいえその構造があるのとないのじゃ雲泥の差です。

 

吸い口部分は引っ張るだけで抜けます。

ここを外してコイルとリキッドをセットアップします。

ちなみにこのドリップチップ。わずかな「反り」があってなかなかニクい作りをしてあります。シリコン製のパッキンゴムの精度も良く、外れにくくて取り付けやすい。ちょうどええ。

こちらが熱源となるコイル。

抵抗値は0.8Ω。このサイズのKitだと1.5Ωとか1.8Ωとか少し高めの抵抗値なのがメジャーなのに対し、0.8Ωのサブオームコイルをセットアップしてくるのはなかなか珍しい。

ジュースホールがやや小さめで、MAX VGのジュースだと供給不足になりやすいのでご注意。

本体にコイルをインストール。回して締め込むだけ。

上部がギザギザになっているのでそこ持って回しましょう。

ペンチで掴んで目一杯締めるとかバカなことする人はいないと思うけど、やめましょう。て出回らなくなる程度で大丈夫。

真ん中に空いてる穴がリキッドチャージホール。

ここにお好みのジュースをぶち込んでやりましょう。

その際コイルにも「数滴」リキッドを垂らしておきます。

写真右側の3つ穴はエアーの通り道。

側面にあるUSB充電ケーブル差込口の横。

MINの文字。この部分がジュースの確認窓。

これがめっちゃ見にくい(笑)

あんまりあてにしないでおきましょう。

チャージしたらドリチをつけて完成。

あとは真ん中のファイヤボタン5回連打で電源ON。

ファイヤボタン押しながらVapingするだけ。

 

SNSや他のレビューなんかで焦げるとか色々見かけましたが、コイルの個体差もあるようです。

僕の手元のものはそんなことなかったです。

 

ただし。間髪おかずにチェーンしてればイガります。当然。

エアフローを指で塞いでそっと吸ってやってジュースをコイルに送ってやらないと、この手のコイルは焦げます。

スローVapingとでも言いますか、バカスカ吸って吐いてを繰り返すような使い方をするようなデバイスではありません。

そこだけは使用の際に気をつけて。

 

僕は4HOSE MENを入れて使って見ました。

2週間ほど使い続けてみて、問題らしい問題は見当たりません。

0.8Ωコイルの恩恵で少し温かめのミストです。ミストのボリュームも割と多めなので味もしっかり目に出ます。

950mAと小さめなバッテリー容量ですが、myJETと2台持ちで1日持ちました。タバコやiQOSと併用ならばこれ1台でいいと思います。

残念なところはジュース残量がわかりにくいところと、バッテリー残量が視覚的にわからないところ。

それ以外は概ね満足できるレベルのkitです。

 

僕も最初の1台を選ぶ時、大きさはかなりネックでした。

だからBOX MODは選びませんでした。

ポケットに入れてもかさばらず、重くなく、簡単な操作で美味しく使えるもの。しかもキャップ付きで衛生的にも安心。

しかも安い。

会社の先輩にこれ勧めたらスグ買ってました。

 

僕は自分用に買うより、プレゼント用や減煙したいんだけど・・・って人にオススメしたいデバイスです。

自分が始める時にこれがあったら買ってました。

 

 

↓ここで買えます

提供:電子タバコVAPE.jp

 


にほんブログ村

コメントを残す