Vapefly Nicolas MTL

家にいる時あまりテレビは見ない人なんですが、最近はHuluとかで映画とか見れちゃうもんだからリビングでうっかり何時間も過ごしてたりします。自分でもびっくり。

ヒーローアカデミアのアニメ版初めて見たけど面白かった。

 

今日は久しぶりにクリアロのレビューです。

vapefly   NICOLAS  MTL flavor tank

こちらはHeavenGiftsさんのご提供です。

いつもありがとうございます!

パッケージはこんな感じ。

わずかに箱潰れあるけどそーゆーのは気にしてない。

 

中身が大事。

イラスト付きの解説はいいと思います。

日本語の説明書付いてないけどイラストでだいたいわかるし。

その辺の気遣いはすごく大切な気がする。

付属品。意外と邪魔な気もするけど、シリコンゴムとか予備のガラスタンクっていざトラブルあった時に本当に嬉しい。

あと、初期インストールコイルは0.6Ω。

予備のコイルが1.8Ω。

MTLに特化したタンクなのに0.6でサブオームってのもなぁと思ってたんですけどね・・・

なかなかコンパクトなアトマイザーで全高は46mm。

大きさ的にはほぼサペミニ。

リキッドキャパが3mlなのでリキッド持ちはかなりいい。

僕はこれ1日1タンクで持ちました。

パーツ点数的には一般的なところ。

特に目立って変わったところはありません。

 

少し特徴的かなと思えたのはドリップチップ。

富士山のように先細で咥え易く、なおかつ本体側と唇側の両方に少しづつテーパーかけてあります。

このDTはかなりいいです。

デルリンで熱くなりにくいし、汚れにくいし。

 

エアフローコントロール部分とピン部分が一体になってます。

クリアロではよくある構成ですよね。

写真では少し見えづらいかもしれんですが、横長の穴と単発の丸穴の2種類の穴が空いています。

横長のスリット穴で複数のエアホールを使って多めの空気を取り込むことができ、単発穴を使うことで穴一つに絞った少なめの空気量を調節することができます。

これがまたよくできていて、自分にあった好みのエア量にほぼ間違いなく調節できます。

 

で。このコイル。

問題はこいつ。

エアフロー全開で気持ち軽く吸うならこのコイルでいいんですけどね。MTLで吸うとなるとそうもいかない。

予備の1.8Ωコイルならかなりいい感じにMTLできます。

なんでわざわざこのコイルが必要なんだろうと。

 

で、色々吸って見た結果。

夏場のこの季節に清涼剤やらメンソールやら吸いたくなる人も多いと思うんですが、メンソール系リキッドを「口吸いよりやや軽く吸う」っていうかなりニッチなポイントではありますが、その使い方なら僕にはヒットしました。

メンソール系をRDAでガシガシ吸うツワモノな喉の人にはまるで不必要なものになりますが、僕のようにメンソール系リキッド好きだけどすぐに咽せてしまうという人には、きっといい感じになると思います。

MTLで吸いたくなるリキッドがどうしてもタバコ系リキッドな人の僕にはメンソ系リキッドにぴったりっていう「中途半端な」アトマイザーってあまり選択肢がないんですよ。

それをクリアするのにビルドでなんとかしてきたってのもあるのでねぇ・・・

クリアロのように手軽にとなると余計ですし、価格的にも安価な部類から選ぶとなるとやはり弾数は絞られます。

 

そこいくとこのアトマイザーは0.6のコイルでちょっと熱をかけて空気多めに取り込むと咽せずに美味しく吸えました。

もちろん1.8のコイルでタバコ系燻らしても美味い。

 

ちょっとニッチなユーザー向けのプロダクトだとは思いますが、かなりいい製品だと思います。

爆煙じゃないくらいがいい。

コンパクトなものがいい。

MTLもしくは少し重いくらいの吸い方がいい。

ビルドは苦手もしくはしたくないからコイル交換できるもの。

価格はできるだけ低価格がいい。

味は良いものがいいが手軽なタンクがいい。

 

こんな感じのアトマイザー探してる人にはいいかなぁと。

 

↓こちらで買えます

HeavenGifts

 


にほんブログ村

コメントを残す