BD VAPE Precisio MTL RTA

以前から行ってみたいショップがあり、今年のはじめに仕事の出張で関東に行った時にやっと行くことができました。

3PCS VAPEです。
そう、ビールの人のお店です。

Twitterで見ててもみんな楽しそうに賑わってて、行く人がみんな幸せそうなので一度行って見たかったんです。

で、行けた時に購入したのがこちら。

BD VAPE Precisio RTA MTL Style
サイズ:22mm x 52.7mm
タンク容量:2.7mL
ドリップチップ:510
スレッド:510
素材:SS304/ウルテム

package

includes

コレも筒状のキュぽんのヤツ。
フタを開けると頭が恥ずかしそうにこんにちわ。

パッケージに描かれているイラストよりカッコ良いです。

MTLのRTAタンクって最近多いんですけど、コレはネットではハイエンドなRTAって括りで紹介されてることが多いです。
ですが実際はそこまで高価な価格設定ではないです。

実際3PCSでも値段は買いやすい価格です。
ただネットにUPされてないのですよねwwww

airflow

拡大してもらうとわかると思いますが、右側がDLで使う無段階のストレートホール。
左側がMTL向けかな。セパレートホールが空いてます。
これでグッと絞ったドローが実現されます。

deck / pin

シングルコイルデッキ。縦長のぶたっぱななエアホール。コイルに満遍なく空気が当たる構造。

ポジピンはそこそこ出てます。

ワイヤを固定する部分はガイドがありキチンと固定できます。
ガイド部分がひし形になっているのでワイヤをカットするときのガイドの役目もしてくれるのでチムニーに干渉してショートを起こすのも防ぐことに繋がっています。
小さな工夫ですが安心出来るいい加工です。

ジュースホールは3つの小さめなものが開いてます。
これも過不足無くいい感じです。

tank / chimney

チムニー裏は綺麗なドーム型。タンク上部はSS。下部はウルテム。
リキッド残量が最後の方だけ見える。
ドライにならずに済むようにそこは見えるんですね。
しかも全バラし出来ます。全部洗えます。

DT

DTはストレートタイプ。ウルテム部分はスレッドになっていて交換可能になってる。
まぁ510なんで好みのDTに帰るのもあり。

build / wicking

28gカンタル
RTAのウィッキングっていがったり漏れたりの一番の原因。
基本的にはデッキ幅程度のところで一度コットンをカットして、ほぐしたりしてから整えてデッキへ落としていくといいと思います。
僕は初見の場合いつもそれを基準にしてます。

コイルは気持ち程度上げてます。
ウィッキングの際にコイルをどの位置に持っていくのがいいのかがわかりやすいです。コイルを下げるとリキッドが伝漏れしそうな場合とかはウィックを詰めて見ないと分かりにくかったりします。

この場合ほんの僅かに上げるほうが良いと判断しました。
コットンはもう少し多くても大丈夫です。
まぁコレでも漏れたりしないんですけど。
心配な人は少し増やしてください。

fitting

ステルスにはやっぱり似合いますね。

まぁこのMODに似合うタンクを探しててこのアトマイザーに惹かれたってのがあるので当然なんですが。

とにかくカッコ良いです。
そしてこのアトマイザー、仕上げがものすごく良い。

スレッドが全部綺麗に回るし、噛まない。

締め込んだ時に噛んでしまって回せなくなる時ないですか?
あれほんとムカつきますよね。
最悪の場合工具で傷つくの覚悟して回すとかもある。
で、傷ついて泣く。あるよね。あるでしょ?それ。

それがないんですよ。
ホンマにめっちゃ気持ちいい。

味は当然ながらめっちゃ美味い。

ホリさんオススメだから当然なんやろうけど、期待外れとかあったらオモロイのになぁとか若干悪いことも考えてたりしたんですけど。
普通にめっちゃ美味いからつまんない。

ストレートホールでDLしてもいいし、セパレートホールで穴一つにしてグッと絞ってMTLしてもめっちゃいい。
タバコ程度のドローなので馬鹿重いまで行かない。
頬っぺた疲れるくらいクッソ重いドローが好きって人には軽いと思うくらいのドロー。

なのでMTLとは言え気持ち軽いくらいだと思った方がいいかも。

ただ味の出方はとても良い。

あと少しWATTは気持ち強めに。
通常MTLだと1.0ohmあたりのコイルにする人多いと思うんですけども、12W程度で運用してる場合15〜16W程度かけるといい。
ミスト温度も高くなり難いし美味しいですよ。

3PCSでは店頭販売だけですが、ネットではオフィスエッジさんで販売されてましたよ。

コメントを残す