BFの良いとこ悪いとこ

ボトムフィーダー。略してBF。
好きな人はずっとBF運用な人も見かける。
PODもBFも苦手って人もいますね。

まぁ趣味モノなんで好き嫌い分かれるのはある意味いい事じゃないかと思っています。

客観的に偏見と独断でメリットとデメリットを纏めてみたいなと思ったので書いてみます。

メリット

好きなRDAの味をリキッドドリップの手間を省いて味わうことができる。コレがまぁ最大のメリットかな。

普通に22mmのRDAをBF運用するとリキッドの保持量もソコソコあるのであまりメリットに感じないでしょう。
しかし14mmや16mmの小さい内径のRDAなどでは保持量が極端に少ない替わりに、その狭小なアトマイザ内部の独特な味わいは他には変えがたいモノがります。

ただしアトマイザが小さい分保持量が少なく何度もドリップする手間がかかってしまうのがネック。それを解決する最善の解答がBFと言えるのかなと思います。

またRTAだとガンクが滲んだりしてリキッドが変色したり酸化して味に変化が出たりすることがありますが、BFだとそれが起きにくいというメリットが一般的ですが個人的にはあまりメリットと感じません。

というのはBFボトルでも酸化は起きます。
そしてガンクはRDAでもつきます。そしてガンクがややつき始めたところが美味いと感じるリキッドもあるので、メリットとして感じていないというのが体感です。

それよりも個人的にメリットと感じているのは、リキッドの持ち運べる量です。RTAでは4ml程度までが一般的。
しかしBFであれば7ml程度持ち歩ける事になる。
つまりリキッドボトルを持ち歩かずに済むってこと。
ただしBF用のMODは少し大きい事が多い。
コンパクトMODはメカニカルであればコンパクトなモノが多い。

ウィック交換が頻繁にしやすい。
アトマのキャップ開けてコットン交換するのも、ドライバーンするのもコイル交換するのも楽勝。簡単。
これ僕には重要。
気になった時に気楽に弄れるのはストレスフリー。
RTAやPODのRBAだと気楽にリビルドしにくいものもある。

デメリット

価格が高い。
とにかく高い。
アトマイザもMODも高い。
メカMODもテクMODも高い。

今でこそ22mmアトマイザでBF運用も当たり前に出来る様になってきてますが、22mmサイズのアトマでは保持量ソコソコあるからBFで運用する意味がないことが多い。

かと言って14mmサイズアトマは選択肢が少ない上にタッカイ。
バカ高い。おいそれと買えない価格帯。
MODもウンマン円とかザラ。なんでやねん。

リキッド消費量が増える。
チャージが楽になる替わりにジャカスカすぱーっとしてまう事があり、ダラダラ吸ってしまい気がつけばボトルがカラ。
なんてこったい。

ボトルやMODにリキッドの匂いが残る。
しかもテクMODだと洗えないところもある。
メカMODで全バラして洗っても匂いは残る。
リキッド替える時に稀にではありますが気になる。

テクモデルのMODがデカイ。
大体の場合デカイ。重い。
メカやセミメカじゃないとだいたいデカイ。
ちっさいのもあるけどやっぱりバカ高い。
どないやねん。

最終的にやや否定的な書き方になりましたが。
これからまた新たなモデルではコンパクトさと入手しやすい価格帯なモノがでてくるといいなぁと思ってます。

つまりピコンカー最高かよ。

ではまた。

コメントを残す