VAPORESSO Estoc Tank Mega

あれこれとコイルをビルドするのが楽しくなってくると、めっきり使わなくなってきがちなクリアロ。

このVAPORESSOはデザインはカリフォルニアで製造工程を中国で行っているようですね。

そのせいかスタイリッシュな仕上がりなっており、かつこのメーカーといえばセラミックコイル!といっても過言じゃないかもしれません。

今回のアトマイザーももちろんセラミックコイル搭載です。

こちらの商品はHeavenGiftsさんよりご提供頂きました。

いつもありがとうございます!

 

img_3792

img_3795

4.0ml の部分だけ上からシールで貼り付けてあるのが微妙ww

img_3793img_3794左上の錠剤の薬みたいなやつが予備コイル。

なんか最近こういう梱包よく見る気がします。

頭痛薬に見えるのは気のせいですかね・・・ww

img_3798内容物はこんな感じ。

トップキャップに被せるカバーがついてるのは珍しいかな。

Cleitoに付いてたのくらいしか知りません。

てことはトップがかなり熱くなるのかねぇ・・・

img_3799バラします。

この辺りはわりとふつう。でもちゃんとバラせるのはナイス。

ちゃんと洗えるしメンテナンスの事考えてるなぁと思います。

img_3801

img_3800これが0.5Ω SS316 セラミックコイル。ジュースホールでかくない!?

これほんとにジュルったり漏れたりするでしょ!ってぐらいデカイ。

セラミックコイルがプリセットされています。

今回はこちらから使用していきます。

 

img_3796こちらが予備の0.4Ωクラプトンコイル

ちなみにEUCコイルってのはエコユニバーサルコイルの略だそうです。

てことはiSUBシリーズみたいに使い回しできそうです。

 

で。気付いている方もいると思いますが。

このコイル、何か変だと思いません?

クリアロのコイルってコイルの下の部分がねじ状になってません?

このコイルはパッキンだけです。

img_3803

これがデッキなんですが。

デッキにねじ込むことが多いと思うんですが。

このコイルはぶっ刺すだけ!

img_3804こんな簡単でほんとに漏れないのかなぁと不安な気持ちを隠し切れないまま組み上げていくわけですが・・・

img_3805チムニー・チャンバーをねじ込みます。ここはねじります。

img_3807ガラスチューブはパッキンで止まるのでこれも差し込むだけ。

後はリキッド入れてトップキャップつけて完成。

トップチャージももはや当たり前になりましたね。

img_3809VT75nano と合わせてみました。リキッドは自作リキです。

セラミックコイルめっちゃうまいです。

SNSなんかでも軒並みうまいって評判でしたが。

自作のタバコ系リキッドの臭みや甘みや苦味がしっかりとクリアに味わえます。さっぱり系のリキッドじゃないと不味いんじゃねぇの?とか少し意地悪な考えでタバコ系にしたのに。うまいやんけww

リキッドキャパも4mlとしっかりあるのでチェーンする人でも安心感あるんじゃないでしょうか。

で。

熱くなるかどうか。

セラミックコイルが25-35w推奨なので30wでチェーンしてみました。

・・・確かに暖かくなるんですが、カバーしないと辛いほどにはならない。

あっちぃ!ってキレるよな熱さは間違いなくありません。

どうしても不安ならカバーすればいい。

あと女性やファッションとしてのVAPEならカラーを弄れるのは楽しいかもしれません。私は個人的にこのままの見た目が好き。

 

一般的にセラミックコイルは長持ちするということのようですが、その辺りは長く使ってみないとわかりません。ごめんなさい。

不安だった漏れも1週間使ってみて今のところありません。あのデカさのジュースホールでも漏れないんですね・・・嘘みたい・・・

なんかウィークポイントもちゃんと探そうとしてみましたがそれらしい欠点が見つかりませんwwいやいい事なんですけどww

しかもこれお値段安いんですよね・・・(笑)

 

セラミックのクリアロを安く美味しく体験したい人や、VAPEを薦めたい人へのプレゼントとしてはいい商品だと思います。

 

HeavenGifts   Estoc Tank Mega

 

コメントを残す