「アトマイザー」カテゴリーアーカイブ

Geek Vape Avocado RTA

いいお天気になりましたねぇ♪
花粉で目が痒くてたまりません(笑)

 

風が強いので洗濯物が乾く乾く♪

 

そんな主夫なオヤジです。

 

 

 

今日は最近人気のatomizer
GeekVape AvokadoRTAです。
ベロシティタイプのデッキでビルドしやすい上に
ドリッパー並みの味わいというスペックの高さと裏腹に
価格が庶民の味方なRTAです。

 

 

開けます。

 

 

とりあえず洗浄のためにもバラします。

 

 

はい。バラバラ。
ここまでバラせるのは私の中では至高。

 

ただし!
ポジピンを止めてる小さなネジが行方不明になると
探索不能になる可能性があるのでそこだけは要注意です。

 

 

せっかくベロシティデッキなので
クラプトンでビルドしました。
コットンかなり長く入れてみたのですが、これはいらなかったです。

 

 

デッキから少し入る程度で十分供給されます。
シングルビルドでセラミックバッフルを装着しました。
この時のエアフローですが・・・

 

コイル側エアフロー全開状態

 

 

バッフル側全開状態
これだとさすがにスッカスカでした

 

 

バッフル側もコイル側もこの1穴にするのが
好みのドローでした。
サブタンクの2番目と同じくらい。

 

供給の程度を知りたかったので硬いリキをと思い
koikoiで試しました。
それでも供給不足は全くありませんでした。

 

コイル側を下にして一晩放置したり立てたまま放置したり
ある程度乱雑な扱いもしてみましたが漏れも確認できませんでした。
これはバッフルのパッキンなど個体差がある可能性はあります。

 

肝心の味の出方ですが、前評判通りほぼドリッパーです。
シングルビルドでの運用でクラプトンコイルでのビルドなのも
相まってではありますが、かなり濃厚なミスト。
マジでかなり美味しい。

 

3500円から4000円までの前後の価格帯で
このスペックでドリッパーとしてもタンクとしても運用できる
atomizerってのはかなりお得感があります。
人気が出るのも頷けますねぇー♪

 

 

 

 

最近のお気に入り

一雨毎に春が近づいてくる。
そんな日々ですねー。

 

去年は少し鼻がグズつく程度だったのに
今年はものすごく目が痒いww
花粉のヤロウww

 

仕事はアホかっっ!ってくらい
忙しすぎるので現実逃避で書いてます(笑)

 

 

 

今日は私がここ最近ずっと使用している
アトマイザーたちの紹介。

 

 

 

kayfun monster v3 のリプレースデッキと
マイクロキャップとリプレースチムニーと
バラバラにパーツを購入したものを最近は
最も良く使用しています。

 

 

 

こいつです。
ちなみにmodはTwitterでお世話になっている
あざらしさんから譲って頂いたものです。
この組み合わせでの運用が気に入ってます。

 

 

 

先日記事にした、Aquaもよく外出時は
持ち歩きます。

 

 

 

 

 

iStick30wに載せてぷはーしてます。
時々サブたん乗せます。

 

 

 

家でまったりぷはぁーする時は

 

 

 

 

CUBOIDにOrigenとかHasturとか
ぶっはぁーー
ってな感じです。

 

 

 

 

 

職場の喫煙所で爆煙ぶはぁーは
さすがに迷惑かけるかなーと思って
出来ません(笑)

 

 

プライベートでお出掛けの時は
CUBOIDにiSub G の組み合わせが多いかなー。
いろいろ組み合わせできるのも
vapeの楽しみ方なのかもしれません。

 

 

 

では皆様よい連休によいvapelifeを!

UVOsystems AQUA

 

 

今日は寒かったですね〜ww
年度末で忙しくなる時期なので皆様お体には
くれぐれもお気を付け下さいね。

 

この時期は必ず人員不足で寝不足気味です。
そんな大人の当たり前に嫌気がさすオヤジです。

 

 

 

ひと昔前にkayfunキラーと呼ばれていたそうです。
爆煙フィーバーの今では誰も見向きもしなくなったようです。

 

 

 

 

 

もともと私はスカスカドローよりも激重ドローが好みということもあり
さらに車移動が多く、爆煙よりもミストは少なめになるような
タンクアトマイザーを常に持ち歩いています。

 

そのためkayfun系のアトマイザーを検討していました。
そんな時にいつもお世話になっているVAPESさんからご提供いただいて
今誰もこのタイプのアトマイザーは使わないんじゃないかなぁって
寂しそうにおっしゃっておられました。

 

 

 

 

デッキパーツとチャンバーチムニーパーツ
タンクにトップキャップとドリップチップ

 

ちなみにドリップチップは写真の物以外にもう一つ
違う形状のものが付きます。
タンクはステンレスタンクとプラタンクのような
半透明のものが付きます。(写真忘れてましたww)

 

 

 

 

 

デッキです。
ボトムエアフローでデュアルコイル前提のデッキです。

 

 

 

ビルドしてみます。
ステンワイヤ 24G デュアルコイルをブリッジして
1.0Ω でビルドしました。
これにコットン詰めてジュースホールを軽めに塞ぎ
チャンバーパーツとタンクを取り付けます。

 

 

 

ジュースはトップチャージです。
DTとトップキャップを外してリキチャします。

 

 

エアフローコントロールはタンクを回して調整します。
写真のタンク部のロゴあたりの隙間に小さなエアフローの穴があります。

 

 

koikoi 雨流をチャージして18wですぅーぷはぁー。
めっちゃ味が濃いです。
温度も低めです。
ドローはかなり重いです。Nautilsくらい重いです。
私は好みの重さですが、スカスカドローの肺直で慣れてる方には
向かないアトマイザーです。
ミストも少なめです。
ですがかなりフレーバーが濃いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はこんなマイナーアトマイザーも!ハイエンドじゃなくても!
すっごく可愛くて面白よーっっていう話でした ♪

 

 

 

提供 : Y’s factory ( VAPES )